女子アナチャンネル

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 芸能


    芦田 愛菜(あしだ まな、2004年6月23日 - )は日本の女優、タレント、歌手。兵庫県西宮市出身。ジョビィキッズプロダクション所属。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。 2007年(平成19年)、芦田が3歳の時に母親からの勧めにより、芸能界に入る。 2009年(平成21年)、『ABC 家族レッスン
    83キロバイト (11,754 語) - 2020年9月21日 (月) 20:37



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/22(火) 01:51:25.69 ID:CAP_USER9.net

    9/21(月) 22:37配信
    スポニチアネックス

    芦田愛菜

     女優、芦田愛菜(16)が21日放送の日本テレビ「深イイ話×しゃべくり007SP」(後9・00)に出演し、好きな男性のタイプを告白した。

    【写真】かわいい!7歳の芦田愛菜と鈴木福

     番組では今年4月に高校生となった芦田のプライベートにまつわる「噂」を検証するコーナーを実施。その中で「恋愛に一切興味がないらしい」との噂が紹介されると、「全然、興味なくはないです」と笑いながら否定し、「恋バナは盛り上がりますね」。同級生と恋愛トークを展開すると明かした。

     「理想の男性は山中伸弥教授らしい」との噂には、「理想の男性というか、尊敬する方」と表現。その後、くりぃむしちゅー・上田晋也(50)から「どういう人がタイプ?」と直球質問を受けた。芦田は自身は「遊園地とか遊びに行った時に結構はしゃぐタイプ」とし、「傍観されるよりかは一緒になって『イェーイ!』ってなってくれる人の方がいいです」と話した。

     「デート、こういうところに行って妄想したりと*る?」と上田が続けると、芦田は「バーベキューとかを、友達みんなと一緒に行ったりして、率先して焼いてくれたりとか、火をおこしてくれたりとかしてくれるような人とか」と想像していた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/98fbe56f67e9553c58ea15a4ed25ff0d8f0d474f


    【【#注目】#芦田愛菜、理想の男性のタイプわ、一緒になって『イェーイ!』ってなってくれる人!】の続きを読む


    池田 エライザ(いけだ エライザ、Elaiza Ikeda、1996年4月16日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、映画監督。本名および旧芸名、池田 依來沙(いけだ えらいざ)。 フィリピン生まれ、福岡県福岡市出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。第13回ニコラモデルオーディショング
    55キロバイト (7,160 語) - 2020年9月22日 (火) 08:45



    (出典 spicy-mint.com)



    1 ひかり ★ :2020/09/21(月) 23:04:17.22 ID:CAP_USER9.net

    女優池田エライザ(24)が21日、TBS系「CDTVライブ!ライブ! 秋のラブソング4時間スペシャル」に出演した。

    先月26日に、フジテレビ系「2020FNS歌謡祭 夏」で地上波音楽番組で初歌唱。この日は、「名曲ライブ!ライブ!」コーナーで、森田童子の「ぼくたちの失敗」を歌唱した。同曲について「ネガティブなようで、実は前向きになれる曲」といい、「心地よい感じというか、フランス映画みたいな形に」アレンジして披露した。

    優しい歌声に、SNSなどでは「歌声すてき!」「すごい才能!」と称賛の声が上がった。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/13ce3bf5b1ef85d6f26360b31e8e9fbe98bb91fc


    【【#話題】#池田エライザ「#ぼくたちの失敗」歌唱、SNS称賛 w wwww www】の続きを読む


    山口 達也(やまぐち たつや、1972年1月10日 - )は、日本の元タレント、元男性アイドル。活動中はジャニーズ事務所に所属し、2018年5月まで同事務所のグループ・TOKIOに在籍してマルチタレントとして幅広く活動していたが、不祥事により芸能界を事実上引退した。埼玉県草加市出身。身長167cm。血液型O型。
    17キロバイト (1,969 語) - 2020年9月22日 (火) 05:46



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 サーバル ★ :2020/09/22(火) 14:26:38.08

    テレ朝ニュース

    【速報】元TOKIOの山口達也容疑者を現行犯逮捕 道交法違反(酒気帯び運転)の疑い
    https://twitter.com/tv_asahi_news/status/1308273154880499712
     

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600751781/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【速報】元TOKIOの山口達也容疑者を現行犯逮捕 w wwww】の続きを読む


    えなこ」は芸名であり由来は最初に使用していたハンドルネームが「みなづきえり」で、それから「えな」となり最後は「えなこ」に落ち着いた。「みなづきえり」を名乗っていた理由は特に無く、単純に可愛いからとか文字が良い感じだからと語っている。 コスプレの魅力は大好き
    125キロバイト (14,812 語) - 2020年9月14日 (月) 22:54



    (出典 news.mynavi.jp)



    【【画像】人気コスプレーヤーえなこさん(26)、J1名古屋―神戸戦に来場 www】の続きを読む


    手越 祐也(てごし ゆうや、1987年〈昭和62年〉11月11日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント、YouTuberである。 神奈川県横浜市出身。早稲田大学人間科学部(通信教育課程)中退。2002年12月にジャニーズ事務所に入所。所属中はNEWSとテゴマスのメンバーとして活動し、2020年
    39キロバイト (4,449 語) - 2020年8月30日 (日) 09:36



    (出典 toyokeizai.net)



    1 フォーエバー ★ :2020/09/21(月) 09:09:15.07

    最近のYouTubeの再生回数を巡り、元『NEWS』手越祐也に〝一発屋〟疑惑が囁かれ始めた。

    6月にジャニーズ事務所を退所して以降、今やチャンネル登録者数150万人を突破し、8月には初の著書『AVALANCHE ~雪崩』を出版するなど、快進撃が止まらない手越。中でも、YouTubeは、初の投稿でもある退所会見の動画で驚異の1000万回超えをたたき出している他、新居のルームツアーや高級車を購入する〝お金持ち系〟の動画で、それぞれ600、300万回再生を記録するなど、新人ユーチューバーとしては大成功の部類といえる。

    「そんな絶好調の手越ですが、8月中旬ごろから3回にわたって投稿した『チャラ男の無人島生活』の動画が、これまでのものと比べると不発に。その後アップした『【ご報告】手越祐也、念願の〇〇〇が決まりました』というユーチューバーにとってテッパンの〝ご報告系〟動画でも、55万回に留まっており、最近アップされた動画は軒並み25万回前後に落ち着いています。野次馬的なネットユーザーが、一気に離れたようですね」(ネットメディア編集者)

    うわっ…手越の再生回数、低過ぎ…?
    そもそも一体、YouTube界では何が起きているのだろうか。

    「コロナ禍の影響で、ユーチューバー自体が飽和しきっているのも事実です。手越は、無人島生活やギネス挑戦、激辛や水風呂とさまざまなコンテンツを発信していますが、言ってしまえばどれもどこかで見たことあるような企画ばかり。YouTube全体のコモディティ化により、視聴者も分散しているといえます」(エンタメ誌記者)

    実際に、ネット上でも、

    《手越再生回数少な、、》
    《手越君は無敵の人だったね しかし今はもうかなり落ちてきたよ YouTubeも再生回数激減したし やっぱジャニーズにいてこそよ》
    《手越祐也のチャンネル大丈夫?? 何年もYouTubeやってネタ尽きてきた人たち並みに再生回数悲惨じゃん…最初の方はみんな好奇心だけで見てたんだね》

    などと、一発屋を心配する声が多く上がっている。

    そんな中でもひと際、再生回数を伸ばしているのが、9月7日に投稿されたダンス動画だ。やはりみんな〝歌って踊っている手越〟がお好き…?

    2020.09.20 17:31
    https://myjitsu.jp/archives/132893


    【【悲惨】#手越祐也 “YouTube再生回数”が悲惨に… 一発屋説も浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ