椎名 林檎(しいな りんご、1978年11月25日 - )は、日本のシンガーソングライター。有限会社黒猫堂所属。レコードレーベルはEMI Records。2004年から2012年まではロックバンド・東京事変のボーカリストとしても活動した。 2009年、平成20年度芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)受賞
144キロバイト (13,767 語) - 2020年2月22日 (土) 01:10



(出典 i.ytimg.com)


行く行かないは
客が決めれば!

1 牛丼 ★ :2020/02/28(金) 16:16:47.16

いまだ収束する気配を見せない新型コロナウイルス。政府からの自粛要請を受け、EXILEやPerfumeが公演当日に中止を発表するなど、混乱が広がっています。

 そんな中、椎名林檎(41)率いるバンド「東京事変」が2月29日と3月1日の東京国際フォーラムでのライブ決行を発表し、賛否両論が巻き起こっています。ツイッターには、「ロックだな」とか「かっこいい」と擁護の声が見受けられる一方、ヤフーニュースのコメント欄には「日本を代表するアーティストの決断とは思えない」とか、「無責任だ」との否定的なコメントに共感が集まっているのです。

 バンド側は、来場したくないチケット購入者には返金するとアナウンスしており、“自粛要請”というぼんやりとした表現の中で、最大限誠実な対応を取っていると言えるのではないでしょうか。

東京五輪に食い込んでいる椎名林檎が…

 とはいえ、椎名林檎が『東京2020オリンピック・パラリンピック』の「4式典総合プランニングチーム」の一員であることに引っ掛かる人もいるかもしれません。つまり、東京五輪の中枢にがっつり入り込んでいる人物がすすんで“自粛”しないでどうするんだ、とツッコまれる可能性ですね。なかには、“論功行賞の特例で許されたんじゃないか”なんて考える、疑い深い人もいるんじゃないでしょうか。

 当然、最終的には主催者の自主判断なので法的には何の問題もありません。それでも、延期か中止かと言われているこの瀬戸際で、大会の運営に携わる張本人が、長時間に渡り数千人を箱に閉じ込める肝っ玉の据わりっぷり。音楽はさておき、姿勢がロックですばらしい!?

 もちろん、こうした議論が起きてしまうのは、現場に判断を丸投げした政府のせいです。観客を入れたライブを中止し、ネットでの配信を決めたバンド「打首獄門同好会」が、「他のバンドにも同じことを求めないように」とツイートしたのも、市民同士が動向を監視し、“自粛”を強制し合う負の連鎖を危惧してのことでしょう。
 ★続きます
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200228-00989820-jspa-life


【【注目】椎名林檎の東京事変!ライブ決行は無責任?カッコいい?それともw!】の続きを読む