松本 まりか(まつもと まりか、1984年9月12日 - )は、日本の女優、ナレーター、声優。 東京都出身。所属事務所はイトーカンパニー→Grick→A-team所属。 2000年にテレビドラマ『六番目の小夜子』で女優デビュー。同年から2001年まで雑誌『ピチレモン』(学研)のレギュラーモデルをつとめる。その他、ゲーム『FINAL
38キロバイト (4,276 語) - 2019年10月3日 (木) 13:35



(出典 netacheck.com)


最近良く見るな!

1 鉄チーズ烏 ★ :2019/10/07(月) 20:03:48.45 ID:BgX6rEGQ9.net

女優・松本まりかが15年ぶりの写真集を発売する。

ドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日)やソフトバンクのCMで大注目の女優、松本まりか。15年ぶりの写真集は、数多くの女優の写真集を手がけるカメラマン、アンディ・チャオが撮り下ろした『月刊』シリーズの写真集。

ベトナムを舞台に、街の喧騒と、鮮やかな島々の情景のなか、全てをさらけ出し挑んだ意欲作。多彩な表情を引き出そうとするアンディ・チャオに身を任せ、全力でぶつかっていった松本まりか。2人の相性は抜群で、まるで映画のような、エモーショナルな写真集に仕上がっている。(先行カットはこちらから)

また、写真集発売に合わせたイベントを開催。詳細は、決まり次第本人SNSより発表予定。

     *     *     *
▽松本まりかコメント
今旅に出なければ。 そう思い立ち、2ヶ月に及ぶ韓国、インド、タイを巡る旅の途中、ベトナムに渡っての撮影でした。
これまで写真集のお話はなかなか踏み切れずにいて。
何が映し出されるのか恐かったし、何も映し出されないのも恐かった。役を纏えない「被写体」は未知の領域で。
だけどこの旅で腹を決めました。
役にしろ自分以上のものは出てこない、ならば自分の本当の姿を見なければならない、と。
あの時私は、何者でもなく、ただの無でした。
この被写体という表現は、私を本来の姿に導いてくれる。
被写体として息をし、感じるままに動く。その事が、こんなにも高揚感と充足感を与え、生きてる面白さを味わせてくれるなんて。
アンディとのレンズ越しの会話は、心地がよく、落ち着き、私は常に満ち足りていました。
私はここで「被写体」という表現の場を見つけました。
あの時の美しい時間がここにあります。


10/7(月) 12:02配信 エンタメNEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00003032-entame-ent

(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


(出典 images.entamenext.com)


【【画像】話題の女優・松本まりかが15年ぶり“本気がつまった”写真集を発売wwww wwww】の続きを読む