「つぶつぶ」を解散し、ピンで活動。従来の「西岡すみこ」から「にしおかすみこ」に改名。 2006年 - フジテレビ『くるくるドカン』のさざなみ芸人コーナー出演をきっかけに、次第にブレイク。 2009年 - 8月、落語家春風亭小朝に入門。「春風えむ」。ちなみに「えむ」という名前の由来は、師匠の小朝の""と、ドMの"えむ"を取って付けられた。
20キロバイト (2,643 語) - 2019年8月29日 (木) 20:58



(出典 i.ytimg.com)


普通の44歳より綺麗レベル!

1 湛然 ★ :2019/08/30(金) 05:29:51.99 ID:rE5mCWnO9.net

にしお*みこ、清楚なショートヘアが好評 「もうムチは使えない」の声も
2019/8/29 16:20 Techinsight
http://japan.techinsight.jp/2019/08/miyabi0829046.html

にしお*みこが“芸人の雰囲気”無くなった!?(画像は『にしお*みこ 2019年8月27日付Instagram「#車内 #休憩中」』のスクリーンショット)

(出典 japan.techinsight.jp)



にしお*みこが“芸人の雰囲気”無くなった!?(画像は『にしお*みこ 2019年8月27日付Instagram「#車内 #休憩中」』のスクリーンショット)

十数年ぶりに髪型をショートカットにしたお笑いタレントのにしお*みこ(44)。女王様キャラで彼女が一世を風靡したのは2007年、女性らしいロングヘアとSM風のボンテージファッションがトレードマークだった。そんな彼女が23日、髪をバッサリ切ったことをインスタグラムに報告しており、フォロワーからは「可愛い!」と好評のようだ。

にしお*みこはテレビ番組の企画で2008年の東京マラソンに挑戦し、4時間45分35秒で完走。その後本格的にマラソンを始め、数多くのレースに参加している。今年の勝田全国マラソンで3時間05分03秒と、自己ベストを更新。フルマラソンだけでなく100kmのウルトラマラソンも走破するなど、彼女は40代になってもまだまだパワフルだ。また走ることで肌荒れや腰痛が改善されたり、眠りが深くなり、忙しくても短時間で体力が回復できるようになるなど良い変化が実感できるようになったという。

いつも走るときはポニーテールが定番だったにしおかが、23日の『にしお*みこ nishioka_sumiko Instagram』で「軽い~~」とショートヘアを披露。「初夏辺りだったかな、さっぱりしたい願望はあったのだがなかなか思い切れず。やっと」と満足そうだ。コメント欄には、「とってもキュート ショートカットお似合いです!」「ショートの方が断然いい もうムチは使えないけど笑」「芸人の雰囲気無くなったなぁ」「すごい可愛ええー」と絶賛の声が相次いでいる。

フォロワーからの声にもあるように、最近はレポーターなど芸人というよりタレント活動が多くなったにしおか。お笑いライブのステージに立つことも無くなった。運動神経が良いことからボルタリングなど、新たなスポーツに挑戦する仕事も増えている。2017年には「YouTube『SM全力坂』始めました」とボンテージファッションで全速力する動画を公開したこともあったが、そんな女王キャラに別れを告げたにしお*みこは今後、スポーツ系バラエティ番組での活躍も期待できそうだ。


(TechinsightJapan編集部 みやび)


【【画像】にしおかすみこ!清楚なショートヘアが好評 「もうムチは使えない」wwww wwww】の続きを読む