婚活動(けっこんかつどう)は、結婚するために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。 日本においては、結婚を目指して恋愛相手を自力で探したり、見合いや結婚相談所を利用したりすることは2000年代以前から行われていた。「婚活」は就職活動(就)に見立てて社会学者、山田昌弘が考案、提唱した造語である。言葉
23キロバイト (3,484 語) - 2019年6月15日 (土) 18:44



(出典 cdn0.mynvwm.com)


確かにマッチングする男が
すくないんだろ!

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/11(日) 20:41:28.67

商いにはマーケティングが必須です。需要のないところでいくら商売をしても売れませんよね。

また、ターゲット設定も大事です。タピオカが若い人に人気だからといって、高齢者しかいない田舎で店を出しても売れません。

婚活もマーケティングと一緒です。

前回の記事(「男余り」の都道府県とは。アラサー未婚男子はどこにいる?)で、日本の未婚者は300万人余の男余り(20~50代)だという話をしました。

しかし、婚活の現場にいるアラサー女子からはこんな声も聞かれます。

「男余りと言われても実感がない。婚活パーティに行っても、男性のほうが少ないし、場合によっては女子会になることもある」

なぜ、未婚者の人口差では300万人以上も男性の数が多いのに、そんな事態になってしまうのでしょうか?

「結婚はコスパ悪い説」を男性が唱える理由

■婚活女性が「女余り」だと感じる理由

婚活女性が「女余り」を感じる理由は、男女年代によって結婚意欲に大きなズレがあるからです。

本連載第2回の記事(「結婚願望がない男性が増えている」がウソな理由)でもご紹介しましたが、「結婚したい男女は9割説」は正しくありません。

正確には、18~34歳未婚者でいえば、結婚に前向きな割合は男4割、女5割程度しかいないのです。
この1割の男女差が、婚活現場での女余りにつながっています。

具体的に、2015年出生動向基本調査に基づき、アラサー年代の結婚前向き(1年以内に結婚したい+理想の相手ならしてもよい)人口を算出すると、
25~29歳では男51%・女67%、30~34歳では男64%・女73%と、それぞれ大きな差があります。

◇都道府県別男余り・女余り率ランキング

これらの結婚意欲の差を未婚男女人口と掛け合わせると、おもしろい結果になります。

もちろん、こうした結婚意欲の差は、エリアによって同一ではありませんので、全国平均の結果をすべてに掛け合わせることが正しいとはいえません。が、一応の目安にはなるでしょう。

前回の記事の単純な人口差による都道府県別男余り人口ランキングと比較してみてください。

男女それぞれの結婚前向き率を加味した男余り人口ランキングは以下の通りです。男余り率は当該年齢の未婚男性人口を分母として再計算しています。

黒字が男余り、赤字が女余りの都道府県です。上に行くほど男余り率が高く、下に行くほど女余り率の高い都道府県ということになります。

左から25~29歳のランキング、真ん中が30~34歳のランキング、一番右が25~34歳の総合ランキングです。

なんと、25~29歳では、男余り県はたったの7県となり、女余り県が40県と、全体的に女余り状態になります。

逆に、30~34歳になると、今度は、女余り県が減ってたったの3県となってしまいます。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12163-369242/
2019年08月11日 17時10分 マイナビウーマン


(出典 news.nifty.com)


【【婚活】世は女余り? 婚活効率の良い県と悪い県とはwww www】の続きを読む