お笑い芸人による営業問題(おわらいげいにんによるやみえいぎょうもんだい)とは、2019年6月に発覚した日本のお笑い芸人による営業に関する一連の問題である。 この問題では、吉本興業所属者を筆頭に多数のお笑い芸人が反社会的勢力の会合に参加し、金銭を受領していた。 本項での「
49キロバイト (7,385 語) - 2019年7月28日 (日) 12:44



(出典 amd.c.yimg.jp)


なんか
早いな!

1 朝一から閉店までφ ★ :2019/07/31(水) 05:37:04.10

[2019年7月31日4時0分]

吉本興業が、闇営業問題で当面の謹慎処分になっている所属芸人7人の復帰へ向け、動いていることが30日、分かった。レイザーラモンHG(43)ガリットチュウ福島善成(41)くまだまさし(46)天津・木村卓寛(43)ムーディ勝山(39)ストロベビー・ディエゴ(41)パンチ浜崎(38)。7人については早ければ来月いっぱいで謹慎を解除し、9月からの復帰を目指す方向で調整が進んでいる。

吉本は25日、川上和久国際医療福祉大学教授(61)を座長とする経営アドバイザリー委員会の設置を発表。第3の目から見て判断して、問題の早期解決を図るとしてきた。第1回委員会を今週中にも開催するため人選などを急いでいる。関係者は「まだ煮詰めなくてはならないことがあるが、委員会が発足してまず話し合わなくてはいけないことの1つが、当面の謹慎処分になっている芸人たちの復帰への道筋だと思っています」としている。

事態収束に動いている松本人志は、28日放送フジテレビ系「ワイドナショー」で、彼らについて「1時間でも早く復帰させてあげて。(謹慎は)意味ないから。彼らはうそをついていないから」と早期謹慎解除を後押ししていた。

闇営業問題をめぐり吉本は6月24日、反社会的勢力の会合に出席したと「FRIDAY」で報じられた所属芸人11人の当面謹慎処分を発表。うち宮迫博之(49)は7月19日に契約解消となり22日に一転、処分撤回となった。20日に宮迫と会見した田村亮(47)は自ら契約解消を希望している。

また、11人の中に含まれた2700の八十島宏行(35)常道裕史(36)と、そこには含まれていなかったスリムクラブの2人に関しては6月27日、別の、暴力団関係者の会合に闇営業で出席したとして無期限謹慎処分となった。吉本は7人の復帰が実現後、2700とスリムクラブの謹慎解除時期の検討などに入るとみられる。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907300000886.html


【【続報】 吉本謹慎中7人9月復帰へ HG、ガリチュウ福島ら 2019/07/31】の続きを読む