宝くじ(たからくじ)は、日本において当せん金付証票法に基づき発行される富くじである。 正式名称は「当せん金付証票」。なお、賞金付きの籤を購入する賭博一般を指す普通名詞は「宝くじ」ではなく「富くじ」が正式。「当せん金」「抽せん会」などの「せん」の字は、漢字では「籤」(せん、くじ
69キロバイト (11,208 語) - 2019年5月14日 (火) 08:36



(出典 otona-life.com)


仲のいい夫婦は
沢山いるとおもうけど!

1 みなみ ★ :2019/07/04(木) 23:42:10.85

7/4(木) 21:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-00018432-nallabout-life

離婚したい妻が83%!?

夫の言動が元で妻にストレスがたまり、心身に不調が現れる「夫源病」の命名者である大阪大学の石蔵文信さんが、独自のアンケート結果を発表した。それによると、離婚を「しばしば」「たまに」考えている妻は83パーセントにも及ぶという。

3億円当たったらすぐ離婚する……

宝くじを買っている女性たちの中には、大金が当たったらすぐにでも離婚しようと考えている人もいる。

「そうですね、大金が当たっていちばんしたいことは『離婚』ですね。高校生と中学生の子を抱えて、私の経済力ではやっていけません。夫とは険悪なわけではないけど、夫は私にとってすでに夫ではなく、わがままな大きな息子みたいなもの。できればもう“夫のお母さん”という役目を降りたいのが本音です」

夫と妻ではなく、息子と母になってしまっている夫婦だと嘆くのは、チサさん(47歳)だ。お金の心配さえなければ、子どもたちと3人で暮らしたい。夫のお守りはうんざりしていると話す。

「ときどき、夫は私を無料で顔なじみの家政婦だと思っているんじゃないかと感じることがあります。家政婦ならまだ、労りの言葉くらいかけてくれるかもしれませんね。とにかく家事やら子どものことやら、夫自身の世話まで、家庭にまつわるすべてのことは私だけに任せて、問題があると文句を言うのが夫のやり方。もう解放されたいです」

足りないのは先立つもの。それさえあれば女性は自由を手に入れられるのかもしれない。

以下ソースで


【【衝撃】宝くじが当たれば離婚したい妻が83%もいる!?wwww wwww】の続きを読む