時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: ツイッター


    Twitter (ツイッターからのリダイレクト)
    Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語・中国語・韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。
    112キロバイト (14,534 語) - 2019年6月22日 (土) 02:56



    (出典 otowota.com)


    こんなアホが
    政治家になったら
    日本もおわりだ

    1 アブナイおっさん ★ :2019/06/26(水) 11:52:49.73

    元モーニング娘。でタレントの市井紗耶香(35)が来月の参院選に
    立憲民主党から比例代表候補として出馬することを、一部スポーツ紙が報じた。

    記事によると市井が子どもの安心・安全に高い関心を持っていると同党関係者の耳に入り、
    そこからトントン拍子で話が進んだのだとのこと。
    市井は声をあげたくてもあげられない母親たちと国会の橋渡し役を目指しており、近く出馬会見を行うという。

    また一部全国紙によると党内手続きを経て近く発表すると、複数の党幹部が明らかにしたというのだ。

    「立憲民主はすでに参院選比例の候補として

    アカペラグループ・RAG FAIR元メンバーの奥村政佳氏(41)、
    元格闘家の須藤元気氏(41)、
    筆談ホステスとして知られる斉藤里恵氏(35)の擁立を決定。
    さらにモー娘。人気全盛時代のメンバーだった市井さんを擁立し、票の積み上げを狙っているようです」(永田町関係者)

    しかし市井出馬のニュースに対し、有権者であるネットユーザーからは厳しい声が続々。

    「2歳の子のお母さんはもっとするべきことがあるんじゃないですか?」
    「止めておいた方が良いと思う。彼女にとっても党にとっても」
    「きちんとした政治を学んだ人に出馬してほしい」

    「早朝から市井さんのツイッターには批判が殺到。耐えきれなかったのか、
    そういった類いのコメントを削除していました。

    SPEEDメンバーだった自民党の今井絵理子参院議員(35)同様、
    若い頃から芸能活動に全力を注いできたのに、どれだけ政治的な活動ができるのかと疑問の声が上がっているようです。
    知名度は抜群ですが、これだけ批判があるとすれば当選できるかは微妙かもしれません」(前出・永田町関係者)

    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1751053/

    関連スレ
    【芸能】憧れの議員は蓮舫 目を輝かせて説明 元モー娘・市井紗耶香 立憲党の比例で出馬へ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561455395/-


    【【ツイッター】「政治を学んだ人に出馬してほしい」立憲から出馬の元モー娘・市井紗耶香、ツイッターに批判が殺到 国民をバカにするのもいい加減にしろ!】の続きを読む


    Twitter (ツイッターからのリダイレクト)
    Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語・中国語・韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。
    112キロバイト (14,534 語) - 2019年6月22日 (土) 02:56



    (出典 t11.pimg.jp)


    みんな子供の時が
    あったのに!

    1 ばーど ★ :2019/06/26(水) 08:26:48.73

    https://twitter.com/mofmofboy_0411/status/1142318719562964992
    もふもふ@坊ちゃん2y2m? @mofmofboy_0411
    今朝井の頭線急行で、あんなに満員電車になると思わず息子とベビーカー持ちで乗車してしまい、明大前からのすごい混雑で息子は号泣。そんな中私の「アンパンマン」という言葉を拾って「サンサン体操」の音楽を流してくれた方??本当にありがとうございました!!!満員でどなたか分からずお礼も言えず…
    15:29 - 2019年6月22日
    ---------
    電車内で大泣きする子ども。そんな時、母親を救った出来事が優しい世界すぎる

    ■ベビーカーや子連れで満員電車に乗ると冷やかな目線を送られるーー?

    そうした体験談が聞かれることも少なくないなか、あるお母さんが体験した、混雑した電車内での体験談が、Twitterで注目されています。【BuzzFeed Japan/久松 レオナ】

    ■ある土曜日の朝のできごとーー。

    体験談を投稿したのは、もふもふ@坊っちゃん2y2mさん。BuzzFeed Newsの取材に、当時の状況を教えてくれました。

    土曜日の午前10時半ごろ、ベビーカーを畳み、2歳になる息子さんを抱っこして京王井の頭線に乗車したところ、途中駅でたくさんの人が乗り込んできたことに動揺して、息子さんが泣き出してしまったといいます。

    どうにか泣き止んでほしいと願い、アンパンマンの話題で息子さんに語りかけていたそうです。しかしそんな思いに反して、だんだん大泣きになっていき、焦りはじめたところーー。

    会話を聞いていたのか、車内にいる誰かがアンパンマンのエンディングテーマである、「サンサン体操」を流してくれたのです。
    .
    ■満員電車で、周りの視線がとても気になっていた時に起きた出来事。もふもふさんは、涙が出たといいます。

    《今朝井の頭線急行で、あんなに満員電車になると思わず息子とベビーカー持ちで乗車してしまい、明大前からのすごい混雑で息子は号泣。そんな中私の「アンパンマン」という言葉を拾って「サンサン体操」の音楽を流してくれた方。本当にありがとうございました!!!満員でどなたか分からずお礼も言えず…》

    《満員電車で息子の泣き声が響いて本当にやばいと思った中の出来事で、涙が出ました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。そして本当に本当にありがとうございました。》

    このツイートは2万以上のいいねが集まり、リプ欄では「ステキなお話だ」「優しい世界だ」というコメントが多く寄せられました。
    .
    ■もふもふさんは、取材に「これからの社会に少し希望を持てました」と語ります。

    《普段ついったで色々見聞きして、子連れに対する冷たい視線が沢山あることも知ってるし、だからこそ今日はすごく焦ってもう本当に静かにしてって思ったんだけど、優しい人もいるんだよねって再確認出来た日でもあった。今日のことは一生忘れないと思う。》

    ーー今回の出来事を通じて感じられたこと、伝えたいことは……?

    走り出した電車で子供が泣き出したとき、やはり周りの視線がかなり気になってしまいます。

    みんながうるさいと思っているような気になり、とても孤独です。同じような親御さんは多いと思います。

    そんな中、音楽が流れてきた時「気にしてないよ、仲間だよ」と言ってもらえたような安心感がありました。

    子どもは下車するまで泣き止まなかったのですが、親である私の方が精神的にとても助けられました。自分も気軽に話しかけたりヘルプできれば、と思いますね。

    ーー「満員電車のベビーカー」に関する様々な議論をどのようにお考えですか?

    どんな状況の人も、お互いに配慮しあえる気持ちがあると良いなとは思います。

    ベビーカーに限らず満員電車に乗りたくて乗ってる人はいないと感じています。

    ーー満員電車で子どもが泣き出してしまった時にされて、嬉しいことはどんなことでしょうか。

    個人の意見ですが「大丈夫だよ」という表情を向けていただけるだけでも本当に助かります。

    ーーTwitterでの反響に対して思うことはありますでしょうか。

    ベビーカーや子連れの乗客に対してネガティブな意見が目立つ中、優しい方たちも沢山いるのだなと改めて感じ、これからの社会に少し希望を持てました。

    6/25(火) 15:51 BuzzFeed Japan
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010000-bfj-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【Twitter】満員電車で大泣きする子ども。そんな時アンパンマンの音楽が流れ…母親を救った出来事が優しい世界だと話題】の続きを読む

    このページのトップヘ