ひき逃げ、轢き逃げひきにげ)とは、車両等の運行中に人身事故(人の死傷を伴う交通事故)があった際に、道路交通法第72条に定められた必要な措置を講ずることなく、事故現場から逃走する犯罪行為を指す。 ここでは、「ひき逃げ」の表記で記述する(「轢」という字は常用漢字外)。
20キロバイト (3,508 語) - 2019年5月3日 (金) 05:04



(出典 slump-slump-ochi.com)


逃げたら駄目だ!
助かったかもしれんのに!

1 みつを ★ :2019/05/07(火) 16:42:25.07

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190507/0029372.html

首都高の死亡ひき逃げ事件で逮捕
05月07日 16時35分

東京・千代田区の首都高速道路で、バイクに乗っていて転倒した23歳の男性が後ろから来た別のバイクにはねられて死亡し、警視庁は別のバイクに乗っていた21歳の会社員をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、東京・足立区の会社員、鏑木啓太容疑者(21)です。
警視庁によりますと、6日午前1時ごろ、千代田区永田町の首都高速道路でバイクに乗っていて転倒した23歳の介護士の男性に衝突し、そのまま逃走したとして、ひき逃げなどの疑いがもたれています。

ひき逃げ事件のニュースを見て、6日埼玉県内の警察署に名乗り出てきたということです。
調べに対し「目の前で事故がありバイクには当たったが、人には当たっていないと思っていた」と供述しているということです。
警視庁は当時の状況を調べています。


【【東京】首都高の死亡ひき逃げ事件で21歳会社員逮捕】の続きを読む