テレビとハウフルス共同製作のお笑いバラエティ番組シリーズである。通称「ボキャブラ」「ボキャ天」。 当初のタイトルは『タモリのボキャブラ天国』(以下「初代」と呼称)で、司会を務めるタモリの冠番組であった。この番組シリーズで人気が出たお笑い第四世代のお笑い芸人が多数存在する。
103キロバイト (13,038 語) - 2019年4月26日 (金) 19:26



(出典 grapee.jp)


さすが
たもり

1 ひかり ★ :2019/05/01(水) 23:04:55.68 ID:vKKg1cT/9.net

 フジテレビが4月30日に元号またぎで放送した特番「FNN報道スペシャル 平成の“大晦日(みそか)”令和につなぐテレビ」で総合司会を務めたタモリ
(73)のコメントが注目を集めている。

 6時間半の生放送番組エンディングでコメントを求められたタモリは「西暦というものが、ずっと(続く)本のページ数だとすれば、元号というのは
日本だけが持っている『章』。その章があるから(時代の)切り替えができますよね」と自身の考えを述べた。

 放送後、令和を迎えた5月1日にネット上ではタモリの発言が注目を浴び、「元号についての捉え方、タモリさんの話がとってもわかりやすい」
「タモリさんの話聞いて、しっくりきた」「この考え方いいな」「さすがタモリさん」などの声があった。

スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000198-spnannex-ent


【【話題】タモリの新元号特番コメントが話題に! wwww wwww】の続きを読む