時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: あいみょん


    あいみょん(1995年3月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。所属芸能事務所はエンズエンターテイメント。 歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、PAエンジニアである父の影響で中学生の時から作詞作曲を始める。 中学生の時に父親からエレキギターを渡され
    21キロバイト (2,135 語) - 2019年3月27日 (水) 10:03



    (出典 meetia.net)


    それでも
    売れてる!

    1 muffin ★ :2019/03/31(日) 14:54:03.50

    https://dot.asahi.com/aera/2019032800018.html?page=1
    2019.3.31 11:30

    2018年にもっともブレークしたアーティストとして年末のNHK「紅白歌合戦」にも初出場したあいみょんさん。どうやってみんなの心に届く曲を作っているのか、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』3月号で話を聞いた。

    音楽で活動できるようになったのはホンマに偶然なんです。私が歌う映像を友達がYouTubeにアップして、それを見た事務所の人からTwitterで声をかけられたのが18歳の夏。そこから今までは一瞬でした。まさか紅白歌合戦に出られるとは思ってなかったし、人生は何があるかわからない。それはみんなにも言いたいですね。

    うちは家族全員、音楽が大好きで。小さいころからよく歌ってましたけど、姉妹のなかでは私が一番音痴やと言われてたんです。それが中学の修学旅行のとき、「キューティーハニー」を歌ったら「めちゃめちゃ上手やで」って褒めてもらって……曲を作り始めたのもそのころかな。父親は楽器全般うまくて、家でよくギターをつま弾いてたんです。それがかっこよくて「私もギターを習いにいきたい」と言ったら、「ギターなんか独学でやるもんや」と教則本をもらったんです。でも勉強が苦手やから本では覚えられなくて。もう自分で曲を作り始めたほうが早く覚えられるわと、見よう見まねでギターを弾きながら曲を作り始めちゃいました。詩みたいなものは昔から好きで書いてたんで、適当にわ~って歌いながら曲を作る。それは今も同じで、だからいまだに難しいコードの名前も知らんし、譜面も読めません。(笑)

     あいみょんの曲ってこうだよね、とは決めつけられたくないし、いろんな曲を作れるよ、とアピールしたい。それが一番できるのがアルバムです。「瞬間的シックスセンス」も「これもあいみょん?」「なんだこれは!?」と、みんなに楽しんでほしいですね。(取材・文/大道絵里子)


    【【衝撃】あいみょん「コードの名前も知らんし、譜面も読めません(笑)」「決めつけられたくない、いろんな曲を作れるよ」】の続きを読む


    松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(まつとうやゆみのオールナイトニッポンゴールド)として、毎月第3金曜日もしくは毎月第4金曜日の22:00 - 24:00にレギュラー放送が復活。 1987年末頃にニッポン放送から、松任谷由実のもとへオールナイトニッポンの出演依頼があった。松任谷
    17キロバイト (2,284 語) - 2019年3月8日 (金) 15:09



    (出典 www.nikkansports.com)


     松任谷由実×あいみょんのトーク
    いいね!

    1 湛然 ★ :2019/03/25(月) 22:33:55.78 ID:xPa7Mv5w9.net

    3/25(月) 19:45 ro*inon.com
    松任谷由実×あいみょん、両思いのふたりがラジオ初共演で繰り広げた貴重な無礼講トーク

    先週金曜に放送された、『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』は、ゲストにあいみょんを迎えての放送。題して「年の差なんて取り払っちゃえ!~無礼講スペシャル」。
    ふたりのトークの中から、多くの興味深いトピックが出てきて、同じシンガーソングライター同士だからこそ深いところで共感し合える部分もあり、
    あいみょんからユーミンへのリスペクトはもちろん、ユーミンがあいみょんをどのように評価しているのかを知ることもできて、双方のファンにとって、また、日本のポップミュージックを語る上でも、なかなか重要な回になったのではないかという気がしている。

    (中略)

    そもそもこのふたりが初めて顔を合わせたのは、昨年末の『NHK紅白歌合戦』の時。事前の記者会見で、あいみょんが「会いたい人」として、ユーミンの名前を挙げたのが最初のきっかけとなったようだ。
    「(私の名前を挙げたのは)スタッフの差し金?(笑)」なんて、ジョークめかして言うユーミンに「それは本心で」と真剣に返すあいみょん。
    そのやりとりはどんどんあいみょんの内面へと迫るものになっていく。さすがユーミン。

    『NHK紅白歌合戦』のために初めてNHKを訪れたあいみょんが、その当日の様子を映画『アリス・イン・ワンダーランド』と表現したことや、紅組、白組のたくさんのアーティストが狭い廊下を行ったり来たりする様を見て「赤血球と白血球が行き帰りしている血管みたいだと思った」と喩えたことに対して、
    ユーミンは「リリカル」と感想を述べると、その流れから「リリカルかつ有機的な表現が多いよね。アルバムで歌詞をじっくり読んだけど、有機的だと思う。そこがいい」と、あいみょんのソングライティングについても言及。
    あいみょんの、生々しくリアルな、それでいて詩的な表現を「有機的」と評するユーミンは、そこに自身との共通項を見出していたのかもしれない。

    (中略)

    あいみょんは、ユーミンの楽曲で初めて購入したのは、『あの日にかえりたい』のアナログ盤だったそうだ。当時まだレコード屋さんに売っていて手にいれたのだという。
    そのエピソードからユーミンは、「初めて顔を合わせた時に、あいみょんちゃんは“あの日にかえりたい”とか、“ベルベット・イースター”とか(が好きと言っていて)。
    それを聞いて、荒井由実の頃の自分とあいみょんが重なるような気がしました。70年代の匂いというか。別に70年代にこだわっているわけじゃないでしょうけど」と言っていたのもとても印象的で、なぜだ*ごく納得してしまった。
    あの頃のユーミンの楽曲が持つ、若さゆえの独特の翳りや揺らぎは、どこかあいみょんの現在の楽曲に受け継がれているような気がする。
    たとえば“ベルベット・イースター”の歌詞は、さっきユーミンが語った「有機的」という部分で、(これもまたたとえば、だが)“マリーゴールド”に感じる「有機的」な感情表現と近しい匂いを持つ。

    (中略)

    そして、「女性アーティストについて私が何か発言するっていうのも、高みの見物みたいで申し訳ないんだけど」と前置きをした上で、あいみょんや後進アーティストへのメッセージとも受け取れる言葉でこの日の放送を締めくくった。
    「いろんな女性アーティストに会う機会があるんだけど、あいみょんはなかな*ごい存在感で、ずっと10年、15年先もイメージできる感じがしました」と語り始めると、
    「たとえば今20年選手(の女性アーティスト)は豊作で、aikoとかは、その個性や曲の構造とか、さすがだなって思うし、(彼女たちの)その先はイメージできるよね。
    でも20年から先は、ほんと私が言うのもあれだけど、まあ、45年、46年やってるわけじゃない? (活動20年を超えて)そっからの20年は空気が薄くなっていってね。
    でも、時々見える景色っていうのは、誰も見たことのない景色になってくるから。それを励みに、長い道のりを、自分のセンスを曲げずに突き進んでほしいなって、マジで思うよ」と、あいみょんへ、そして自分自身へと語りかけるような言葉をつないでいった。
    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    (杉浦美恵)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000019-roro*-musi


    【【ラジオ】「70年代の匂い」 松任谷由実×あいみょん、両思いのふたりが初共演で貴重な無礼講トーク】の続きを読む


    あいみょん(1995年3月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。所属芸能事務所はエンズエンターテイメント。 歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、PAエンジニアである父の影響で中学生の時から作詞作曲を始める。 中学生の時に父親からエレキギターを渡され
    21キロバイト (2,140 語) - 2019年3月2日 (土) 21:53



    (出典 brightredmelancholy.com)


    あいみょ

    1 ホイミン ★ :2019/03/06(水) 20:51:34.13

    昨年末の『第69回NHK紅白歌合戦』で初出場を果たし、今年を代表する歌手の1人にも数えられているシンガーソングライター・あいみょん。そんな彼女の楽曲『マリーゴールド』に対し、ネット上でパクリ疑惑が浮上している。

    昨年8月に発売された同シングルは、「紅白」でも披露された彼女の代表曲。作詞・作曲ともに自身が務め、『ビルボード・ジャパン』のランキングでは最高で週間3位にも輝いている。

    疑惑が持ち上がったのは2月末~3月初旬にかけてのこと。この期間、ネット掲示板やSNSでは『マリーゴールド』が1999年に発売されたゲームボーイソフト『メダロット2』のBGMにそっくりだとの指摘がどこからともなく浮上し、アフィリエイトブログを通じて瞬く間に拡散されていった。

    https://myjitsu.jp/archives/77248


    【【衝撃】あいみょん『マリーゴールド』にパクリ疑惑! 20年前の名曲と一致?】の続きを読む


    あいみょん(1995年3月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、作曲家、作詞家。兵庫県西宮市生まれ。所属芸能事務所はエンズエンターテイメント。 歌手になりたいという夢を持っていた祖母や、PAエンジニアである父の影響で中学生の時から作詞作曲を始める。 中学生の時に父親からエレキギターを渡され
    22キロバイト (2,122 語) - 2019年2月20日 (水) 15:23



    (出典 img.cinematoday.jp)


    あいみょんの
    可愛さが
    わからない!

    1 湛然 ★ :2019/02/24(日) 05:09:11.35 ID:22DpZazt9.net

    2019.02.23 17:13
    あいみょん&新垣結衣、“けもなれ”コンビの密着2ショットにファン歓喜「激レア」「可愛いがすぎる」

    シンガーソングライターのあいみょんが23日、自身のInstagramを更新。女優の新垣結衣との2ショットを公開し、反響を集めている。

    あいみょんは雑誌連載にて新垣と対談していることを報告。新垣が主演を務めた昨年10月期の日本テレビ系ドラマ「獣になれない私たち」(略称:けもなれ)で主題歌「今夜このまま」を担当した縁があり、
    「ようやく一緒にビールが飲めました。タップ2くらい」とビアバーを舞台にした同作にちなんでコメント。

    「飲みながら食べながらお話ししました。時間が足りんかったです」と感想をつづっている。

    ◆あいみょん×ガッキーに反響

    あいみょんと新垣の寄り添った2ショットに対し、ファンからは「まさかのガッキーとあいみょん!!」「激レアだわ」「けもなれな2人!!」「可愛いがすぎる…」
    「これは最高の2人」といった声が続出している。(modelpress編集部)


    [aimyon36]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-nrt1-1.cdninstagram.com
    https://www.instagram.com/p/BuNoQfSgYRH/

    https://mdpr.jp/news/detail/1823684


    【【画像】あいみょん&新垣結衣、“けもなれ”コンビ wwww wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ