時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 松本人志


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業[東京本部]所属。
    31キロバイト (3,982 語) - 2019年7月23日 (火) 13:35



    (出典 www.nikkansports.com)


    これでみんな仲良くなれば
    いいのに!

    1 ひかり ★ :2019/07/28(日) 13:30:41.75 ID:i5X/KHsO9.net

    ダウンタウン松本人志(55)が28日、レギュラーを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演し、騒動後ナインティナイン岡村隆史(49)から
    「話がしたい」と伝えられたことを明かした。

    松本は一連の騒動を期に「そこまでいっぱいしゃべったことのない加藤(浩次)ともめちゃくちゃしゃべるようになったし、岡村(隆史)もしゃべりたいと言ってくれている。
    今までそこまで親しくしてなかった後輩たちともこれを話が聞けそう」と変化を感じていることを明かし、「(騒動を)うまく乗り越えられたら今までよりも
    いい会社になると思う」と期待を寄せた。

    岡村は出演するラジオで加藤浩次が経営陣に進退を迫り、自身の退社を示唆した“加藤の乱”について言及。「加藤浩次はやめません」などと発言していた。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-07280317-nksports-ent


    【【注目】松本人志!騒動後に岡村隆史から「話がしたい」とwwww wwww】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業[東京本部]所属。
    31キロバイト (3,959 語) - 2019年7月20日 (土) 17:36



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    設立して
    なんか変わるのかな!

    1 豆次郎 ★ :2019/07/22(月) 07:22:22.08 ID:ooLYO1pS9.net

    2019年7月22日 6時0分

     21日に生放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」では、吉本興業の信頼回復、再発防止に向けた独自の改革案を松本人志が提示した。目玉となるのが、不祥事を起こした芸人の受け皿となる新部署“松本興業”の設立だ。

     松本は20日夜、吉本興業東京本部で行われた大崎洋会長、岡本昭彦社長との緊急会談で「吉本興業内に1個、いわゆる松本興業じゃないですけど、僕の部署を作ってほしい。やらかした子やイエローカードの子を俺が引き取るから。保証人になるから、ちゃんと生かしてやってほしい」と直談判。自身の元マネジャーで若手時代から苦楽を共にしてきた盟友でもある吉本のトップ2人から快諾されたという。

     若手芸人が切り捨てられる状況に黙っていられなかった。「お笑いを愛する人間が、自分から辞めるならともかく、上から言われてクビというのは絶対に違う」と力説。眉間にしわを寄せ、真面目なトーンで話していたが、明石家さんま(64)も20日夜のラジオ番組で「ウチの(個人)事務所に欲しい」と発言したのを引き合いに「さんまさんも同じようなことをおっしゃってくれているので、だったら僕がさんまさんの所に行ってもいいかな」と笑わせた。

     宮迫博之、田村亮の謝罪会見どころか社長との面会すら拒否して2人を追い詰めた吉本興業を「時代を読み間違えた会社なのかな」と痛烈に批判。2人が金銭授受を認めた際、世間に対して「静観」を決め込んだことには「だったら俺、吉本興業にいたくない。こんな会社じゃ絶対にダメだと思うから考えさせてください」と退社も示唆して抗議したことを明かした。

     松本は吉本の現状について「横暴になって、大名商売になっている」と指摘。今後、目指すべき方向性を「芸人ファースト」として「初心に帰って、(1980年代に)東京に進出した頃のことを思い出せば、もっとみんなに愛される会社になるはず。みんなお笑いが好きで、吉本が好きで集まっている子たちだから、ちゃんと大事に、大事に扱ってほしいなと思います」と会社全体の意識改革も訴えた。

     バラエティー番組で感動的なVTRが流れても無表情を貫くなど「感情がない」「闇が深い」と言われる東野幸治(51)が泣いた。2700、スリムクラブら謹慎中の後輩芸人の心情を思いやり、涙で声を詰まらせながら「つらいと思うし、会見をしたいと言うのなら、させてあげてほしい。状況が分からないと思うので、吉本の社員も連絡してほしい」と要望した。

    https://hochi.news/amp/articles/20190722-OHT1T50039.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter&__twitter_impression=true


    【【注目】松本人志!吉本に新部署『松本興業』設立「やらかした子やイエローカードの子を俺が引き取る」wwww wwww】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業[東京本部]所属。
    31キロバイト (3,959 語) - 2019年7月11日 (木) 08:11



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    これは吉本も
    大変な事になる

    1 ばーど ★ :2019/07/20(土) 17:17:18.52 ID:u6azunv+9.net

    反社会勢力が絡んだ「闇営業」の問題が取り沙汰されているお笑い芸人の宮迫博之さん、田村亮さんが2019年7月20日、都内のイベントスペースで謝罪会見を開いた。

     宮迫さんは一連の問題について、先輩芸人にあたる「ダウンタウン」の松本人志さんに電話で連絡をしたことを告白。涙で声を詰まらせながら、松本さんとのやり取りを明かした。

    ■「ノーギャラでも出たるから」

     宮迫さんは一連の騒動を受けて、2度松本さんに電話で連絡をしたという。最初の電話で、松本さんからは、「全員がいくらもらったかとか全部、細かいことを話した方がいい」との助言を受けていたというが、宮迫さん自身が当時は「(問題を)甘く考えていた」として、

      「あんな恩義のある先輩の大事なアドバイスを...、ちゃんと受け止められませんでした。すみません」

    と謝罪した。

     その後、宮迫さんは謹慎が発表された後、再び松本さんに電話をして、「嘘をついてしまいました。すみません」と謝罪。すると、松本さんからは次のような言葉をかけられたという。

      「休んでいる間、僕(宮迫さん)の出ている番組に『ノーギャラでも出たるから』と...。こんな最低なウソをついたヤツのために『ノーギャラでも出たる』と...。優しい言葉を、かけてくれていました。申し訳ないです、すいません」

    と、声を震わせながら反省の言葉を重ねた。

     宮迫さんが会見で松本さんの言葉を明かしたことを受けて、松本さんのツイッターにはファンから称賛の声が続々と寄せられた。

      「松本さんかっこよすぎ」
      「まっちゃんはやっぱり素敵な人だ。心より尊敬しています」
      「いい先輩ですね 本当に優しい人なんですね」

    7/20(土) 16:34
    J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000004-jct-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【芸能】宮迫 松本人志の助言「スルー」を涙で悔やむ「番組にノーギャラで出たる」とも
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563606973/


    【【衝撃】宮迫会見で明かされた、松本人志の「男気」 「ノーギャラでも出たるからwwww wwww】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業[東京本部]所属。
    31キロバイト (3,959 語) - 2019年7月11日 (木) 08:11



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    松本の方が力は
    ありそう!

    1 Egg ★ :2019/07/18(木) 19:11:24.70 ID:ubfHyEzT9.net

    吉本興業は闇営業騒動で『カラテカ』入江慎也を契約解除、『雨上がり決死隊』宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮ら11人に無期限の謹慎処分を下した。
    その後、発覚した暴力団幹部の宴会に出席していた『スリムクラブ』らに対しても無期限謹慎処分を迅速に発表した。

    一連の闇営業スキャンダルに一刻も早く終止符を打ちたい吉本興業の切実な思いが透けて見えてくる。
    ところが、いまだに漏れ伝わってくるのは「まだ完全に膿を出しきっていない。本番はこれからだ」という証言の数々だ。

    「各テレビ局は、日々裏取り情報に追われています。お笑い芸人の闇営業をスクープした『フライデー』が第3、第4弾を準備しているというんです。吉本に確認しても曖昧な答えしか返ってこない。
    事実、テレビ局や広告代理店が待ち望んでいる『調査の結果、処分を下した芸人を除き、現在、所属する芸人と反社会勢力との交際(闇営業)は一切ありませんでした』のお墨付きコメントがいまだに出ていない。不安でタマらない」(キー局編成マン)

    吉本は闇営業トラブルに対し、テレビ番組のスケジュール調整や再編集、さらにはCM、イベントの損害補償なども加わり、推定5億円以上にものぼる違約金を支払わざるを得ない状況になるという。
    そうした中、闇営業に重い口を開いたのが『ダウンタウン』松本人志(55)だ。レギュラーを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)で“絶対NO”を突きつけ、報酬を受け取っていながら嘘をついた宮迫らに厳しい意見を浴びせた。

    「松本は自分の闇営業は『1ミリもない』と完全否定した上で、宮迫らに『一切、お金が出ずにあれだけのサービスをすることは、僕はないと思う』と切り捨てていた。
    さらに『お金もらいましたと認めないと、誰も信じてくれないよという意味で、彼らへのメッセージというか、ちょっと、助け舟的なことで僕は言ったつもりだったんですよ。
    いまいち、伝わってなかった』と改めて闇営業に参加した宮迫らの対応のまずさにアウトを下したんです。可愛がっていたからこそ、裏切られた気持ちで一杯だったようです」(放送作家)

    松本は闇営業問題への事態打開のため、自ら吉本に働きかけていたことまで明かした。
    「『色々と話を聞いて欲しいと上層部に掛け合ったが、これ以上やったらオレ、邪魔者になる…老害扱いされんちゃうかなと思って、途中で(介入するのは)止めたんよ』と複雑な心境を吐露していた。
    松本にしては珍しく本音を語っていたと思います。これだけ大問題に発展した闇営業を何とかしたい気持ちはヒシヒシと伝わってきました」(制作スタッフ)

    その後、松本に同調するかのように吉本内から『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳や千原ジュニア、『中川家』の礼二らが闇営業に手を染めたことを徹底非難。松本と同じく、参加した芸人らを断罪したのだ。

    反対に擁護の声を上げたのが、“お笑いモンスター”明石家さんま(64)だった。MCを務める『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で契約解除された入江について「レアなサッカーグッズなどを手に入れてもらったことがあるし、
    “さんまさん、お願いします”って言うてきたら、俺は絶対に(闇営業に)行ってたよ」と発言した。

    2019年07月17日 18時03分
    https://npn.co.jp/article/detail/56259254/

    写真

    (出典 images.npn.co.jp)


    【【衝撃】<明石家さんまVS松本人志>「吉本抗争」勃発かwwww wwww】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業[東京本部]所属。
    31キロバイト (3,959 語) - 2019年7月4日 (木) 21:06



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    どう擁護しても
    宮迫は
    もう無理!

    1 豆次郎 ★ :2019/07/07(日) 10:40:28.67

    7/7(日) 10:25配信
     「ダウンタウン」の松本人志が7日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。広がる闇営業問題での処分に対し私見を明かした。

     番組では、お笑い芸人が事務所を通さずに反社会的勢力の会合に出席した「闇営業問題」で、大手芸能事務所・ワタナベエンターテインメントがお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)、加藤歩(44)が8月末までの謹慎期間中に、熊本の介護施設でボランティア活動を行うと発表したことを紹介した。

     こうした処分に松本は、今回の問題が発覚した時に雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドーンブーツ1号2号の田村亮らが「お金をもらってない」と明かしたことに触れ「先輩にまず最初にお金もらってないと言われたら、後輩はなかなかもらってましたとは言えない状況が作られてしまったということで言えば、宮迫と亮以下の下の人たちはザブングルも含めて、そもそも謹慎の意味がどうなのかなっていう」と指摘した。

     その上で「仕事続けながら、そのお金をどっかに寄付する形もひとつのボランティアだから、そういうやり方は無理なのかな」と後輩芸人たちの処遇を提言していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000086-sph-ent


    【【闇営業】松本人志、宮迫博之・ロンブー亮へ苦言…「先輩が金もらっていないと言われ後輩は、言えない状況が作られるのは当然!】の続きを読む

    このページのトップヘ