時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: NHK

    • カテゴリ:

    スカーレット』はNHK大阪放送局が制作するテレビドラマ。NHK「連続テレビ小説」第101作目として2019年9月30日から2020年3月28日まで放送される。主演は戸田恵梨香。信楽焼で知られる滋賀県信楽を舞台に、女性陶芸家「川原喜美子」の半生を描く。 2018年12月3日にNHK大阪放送局で制作会
    97キロバイト (14,812 語) - 2020年3月24日 (火) 04:21



    (出典 realsound.jp)


    これで終わり!

    1 湛然 ★ :2020/03/28(土) 08:22:18.90

    スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス”
    3/28(土) 8:15 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-23280018-nksports-ent

    スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス”
    戸田恵梨香(2019年9月11日撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※以下、最終回の内容を含みます。


    NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜、午前8時)の最終回が28日に放送された。

    最終回で、主演の戸田恵梨香(31)演じる川原喜美子は、息子の武志と信楽の仲間とびわ湖に出かけ、すがすがしい思いに満たされる。武志は闘病しつつも作陶を続け、そばで喜美子も陶芸に励む日々。喜美子は武志との時間を大切に過ごす。そして喜美子に強く抱きしめられる武志の姿が描かれ、2人は幸せを胸に刻むと、舞台は2年後に移り、フィナーレを迎えた。

    その結末にネットでは「楽しい半年だった。すごく良かった…。力強いラスト。終わるの寂しい」などの声があがった。

    物語は焼き物の里の滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとなる主人公、川原喜美子の波乱の人生を描いた。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【朝ドラ】スカーレット「力強いラスト」最終回で“ロス”】の続きを読む


    日本放送協会 (NHKテレビからのリダイレクト)
    この他、NHKが所有する施設には、NHK放送博物館、NHK放送文化研究所、NHK放送技術研究所、千代田放送会館、NHK京都保養所洛風荘がある。 日本国内向け NHK総合テレビ番組一覧 NHK教育テレビ番組一覧 NHK衛星放送番組一覧 NHKラジオ第1番組一覧 NHKラジオ第2放送#番組一覧 NHK FM番組一覧
    121キロバイト (15,224 語) - 2020年3月4日 (水) 12:21



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    大河ドラマで!

    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/03/25(水) 10:58:00.42

    3/25(水) 7:12配信



     東京五輪・パラリンピックの延期で、テレビ各局は前代未聞の編成の大幅見直しを迫られることになる。

     
     大きな影響を受けるのはやはりNHKだ。五輪の開会式・閉会式の他、柔道や体操、競泳、男子マラソンなど日本選手の活躍が期待される主要競技の多くを連日、総合テレビで生中継し、衛星放送(BS)を含めればほぼ全競技を中継する予定だったとみられる。

     前回のリオデジャネイロ五輪では、NHKの総放送時間は約600時間だったが、これを大きく上回る時間が空いてしまうのは確実で、パラリンピックや特別番組を含めれば1000時間近い放送枠を別番組に差し替える必要が出てきた。

     一方、民放は5系列が日替わりで中継する予定だったため、影響日数は各系列3、4日ずつと少ない。ただ、予定していた五輪特番の代替や、休止予定だったレギュラー番組の調整など編成への影響は必至だ。

     放送権料については、NHKと民放でつくるジャパンコンソーシアムが2018年の平昌冬季五輪と合わせて660億円で国際オリンピック委員会(IOC)と合意しており、延期でも変更はないとみられる。
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200325-00000026-jij-soci
    *画像はサービスです。

    (出典 i.imgur.com)


    【【悲惨】NHKは1000時間近くか 消えるテレビ中継、編成見直しへ 東京五輪】の続きを読む

    このページのトップヘ