時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    カテゴリ: 文春砲


    東大王寄りの発言をすることが多いほか、杉山も実況の中で明らかに東大王を応援するような言葉を発してしまい突っ込まれることがある。 チームカラー…赤 水上颯(「東大医学部のプリンス」、頭脳2連覇、三代目東大王、旧東大王チーム副将、新東大王チーム大将) 鶴崎修功 (「IQ165の天才」、初代東大王、旧東大王チーム先鋒)
    73キロバイト (11,826 語) - 2019年7月9日 (火) 10:29



    (出典 pbs.twimg.com)


    やっぱり東大生は
    どっかぬけてる!

    1 ひかり ★ :2019/07/10(水) 18:16:56.98

    「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

     大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。
    だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

     取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、 東大医学部生の河野玄斗氏(23)と
    女性タレントの中絶問題 を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

    「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん)

    視聴率を牽引する「東大医学部のプリンス」

     水上氏は山梨県出身で、両親とも開業医という家庭で育った。小中学校時代は「図書館の本を読み尽くした」(「東洋経済オンライン」2017年9月24日配信)というほどの読書家だったという。

    「東大進学者数日本一のエリート校・開成高校に進学する際には『腕試しで受験したら受かった』という秀才です。開成在学時には『第32回 全国高等学校クイズ選手権』(日本テレビ系)に
    学校代表グループとして出場し優勝。開成高校の3連覇に貢献しました。当時からテレビ局関係者は彼に注目していました」(テレビ局関係者)

     東大医学部入学後にも「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)や「ネプリーグ」(フジテレビ系)、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)などのクイズ番組のほか、
    「オールスター感謝祭」(2017、2018・TBS系)などバラエティ番組にも幅広く出演。現在は東大王チームに、芸能人チームがクイズで挑戦する番組「東大王」にレギュラー出演している。

    「水上君は頭脳明晰な東大王たちをとりまとめる“大将”です。知識の幅が広く、他の東大生が間違えた難問でさえ難なくクリアする。クールに淡々と正解していく様は見ていて気持ちがいい。視聴率も好調で、
    彼がその一翼を担っています。現在は大手芸能事務所に所属しているのですが、声をかけたのは元カリスマ予備校教師・林修さんのマネジメントチーム。林先生のように、MCとして活躍する可能性を
    見越しているのでしょう」(TBS関係者)

    以下略ソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012727-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012727-bunshun-ent&p=2
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012727-bunshun-ent&p=3
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012727-bunshun-ent&p=4
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012727-bunshun-ent&p=5
    東大王メンバーと。写真右が水上氏(本人Twitterより)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1562743820/


    【【文春砲】“東大王”水上颯は妊娠していた私に「楽しくない。帰ってくれないか」女子大生恋人が中絶トラブルを告白www wwww】の続きを読む


    田中 大貴(たなか だいき、1980年4月28日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。 兵庫県小野市出身。兵庫県立小野高等学校(普通科)時代は野球部に所属。2年次から4番に座り、主将も任された3年次は兵庫県大会では春ベスト16、夏(東兵庫大会)ベスト8。対ブラジル選抜戦で
    12キロバイト (1,529 語) - 2019年7月10日 (水) 08:09



    (出典 asukon.net)


    どうしようもないね!

    1 ひかり ★ :2019/07/10(水) 16:07:38.48

     フジテレビを退社し、昨年5月に米倉涼子らを擁する大手芸能事務所「オスカープロモーション」に移籍した田中大貴(39)。彼が女性トラブルを起こし、
    6月下旬にオスカーを“クビ”になっていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

     女性トラブルの発端は、6月中旬に出張先で行なわれた合コンだった。田中は後輩男性を一人引き連れて参加。お相手の女性陣は2人で、そのうち1人は
    大学院に通う学生だったという。

    「夕方から飲み会は始まり、8時半頃にお開きになりました。女子学生がかなり酔っ払っていたらしく、田中は自分が宿泊するホテルの部屋に
    連れ込んだのです。彼女が部屋を後にしたのは約1時間後のことだったそうです」(事務所関係者)

     数日後、女子学生の母親から事務所に「田中さんに乱暴された」と訴える電話があったという。

    「母親は『警察にも被害を訴えている』とすごい剣幕だったようです。すぐさま事務所が田中に聞き取りを行なったところ、田中は男女関係を否定。
    しかし、事態を重く見た事務所は、翌日付で契約解除に踏み切りました」(同前)

     ホテルの密室で一体、何があったのか。オスカーに尋ねると、「契約上、違反する行為があり、契約解除に至りました」と答えるのみで、
    詳細は明かさなかった。

     改めて、女性トラブルについて田中に聞いた。

    「全く事実ではありません。確かにその女性とお酒を飲みましたが、彼女が『酔っ払った状態で家に帰れない』と言うので、自分のホテルの部屋に
    連れて行き、水を飲ませるなど介抱しました。男女の関係はありません。ただ、一つ屋根の下に入ったことについて脇が甘かったと反省しております」

     田中は元モデルの妻と09年に結婚しており、女児をもうけている。

     7月11日(木)発売の「週刊文春」では、田中がオスカーから契約解除に至った経緯を詳細に報じている。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年7月18日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00012754-bunshun-ent
    慶應大・野球部出身の田中大貴

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【文春砲】元フジ田中大貴アナが女性トラブルで事務所から契約解除wwww wwww】の続きを読む


    ハロー!プロジェクト(Hello! Project)は、アップフロントプロモーション(旧:アップフロントエージェンシー)をはじめとするアップフロントグループ系列の芸能事務所に所属している女性アイドルグループ・女性アイドルタレントの総称、またはメンバーのファンクラブの名称。略称はハロプロ(英語圏では"H
    176キロバイト (24,946 語) - 2019年7月4日 (木) 08:10



    (出典 img.barks.jp)


    岡井千聖なら
    面白くない!

    1 名無し募集中。。。 :2019/07/06(土) 18:25:42.12

    <ハロプロファン騒然 ●●●●の●●●●が●●●●の●●王●●●●●●と●●●の末に…
    男は妻と●● ●●●●は●●を請求されていた〉

    https://twitter.com/bunshunho2386/status/1147436044976963584
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【悲報】ハロプロに文春砲wwww wwww】の続きを読む


    秋元康 (カテゴリ AKB48グループ)
    )は、日本の音楽プロデューサー、作詞家、映画監督。東京都渋谷区に在住している。妻は元アイドルの高井麻巳子である。株式会社秋元康事務所に所属している。 AKB48グループや坂道シリーズのプロデューサーで、ほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛ける。日本映画監督協会会員。2010年
    181キロバイト (18,566 語) - 2019年6月4日 (火) 00:03



    (出典 cdfront.tower.jp)


    結局誰?

    1 47の素敵な(庭) (8級) :2019/06/08(土) 15:51:41.43

    【オリジナルスクープ ヒント②】
    現役の人気メンバーの熱愛に迫ります!

    本日4月13日(土)21時からは「直撃!週刊文春ライブ」

    pbs.twimg.com/media/D8dR8udVsAA8CTH.jpgVIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    ※前スレ
    https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1559970687/ VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【速報】AKBに文春砲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!★2【中井】】の続きを読む


    川栄 李奈(かわえい りな、1995年2月12日 - )は、日本の女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。愛称は、りっちゃん。神奈川県出身。エイベックス・マネジメント所属。夫は俳優の廣瀬智紀。 2010年 7月24日、AKB48第11期研究生オーディションに合格。 9月30日、セレクション審査に合格。
    74キロバイト (10,178 語) - 2019年5月19日 (日) 08:07



    (出典 portal.st-img.jp)


    重なってる時期があるなら
    アウト!

    1 ひかり ★ :2019/05/22(水) 16:16:42.17

     5月17日、結婚、妊娠を発表した川栄李奈(24)。ドラマやCMに引っ張りだこの彼女を射止めたのは俳優の廣瀬智紀(32)。
    漫画やゲームの舞台化作品をメインに活動する、いわゆる“2.5次元”俳優のひとりだ。

     2人の出会いは昨年10~11月に共演した舞台『カレフォン』。だが、廣瀬の知人の1人が意外な証言をする。

    「川栄さんとの交際が始まる一方で、廣瀬は別の20代の女性、A子さんとも関係を続けていました。廣瀬は昨年12月までA子さんと
    同棲していた。彼は二股をかけ、A子さんを捨てたのです」

     廣瀬とは結婚を前提に3年間交際、同棲していたA子さん。『カレフォン』の公演終了後、突然廣瀬に別れを切り出されたという。
    A子さんの友人が言う。

    「『仕事のために人間として成長したい。だから俺は一人で生きていかないと』と。A子は廣瀬さんとの思い出を断ち切るため、
    すぐに引越し先を見つけた。すると廣瀬さんは『二人で引っ越そう。結婚に向けてがんばろう』と態度を豹変。A子は自分勝手な廣瀬さんに
    呆れながらも、最後は彼の言葉を信じ、ヨリを戻したのです」

     だが、心ここにあらずの廣瀬に不信の募るA子さん。結局、2人は12月中旬、別れに至る。廣瀬の結婚発表について、A子さんが
    週刊文春の取材に応じ、言葉少なに心境を語った。

    「5カ月前まで結婚を前提に同棲していたことは事実です。芝居に専念したいという彼を応援していたつもりでした。
    今は、裏切られたという思いが強いです」

     A子さんの心境を、前出の友人が代弁する。

    「仕事のために、と別れておきながら、ほんの数カ月で……。都合の良い女としてキープされていたと知り、彼の幼稚で節操の無い
    振る舞いに呆れています」

     廣瀬の所属事務所は、週刊文春の取材に対し「プライベートに関してのお答えは差し控えさせていただきます」と回答。廣瀬の人物像や
    2人の3年間の交際の様子など、詳しくは5月23日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月30日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00012010-bunshun-ent


    【【文春砲】川栄李奈 電撃婚相手“2.5次元俳優”に「二股」証言】の続きを読む

    このページのトップヘ