吉岡 (よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
71キロバイト (9,470 語) - 2019年2月12日 (火) 10:16



(出典 static.blogos.com)


吉岡里帆
何しても
可愛い!

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/22(金) 18:47:22.25 ID:q5GBosu29.net


(出典 image.dailynewsonline.jp)


2月22日、女優の吉岡里帆(26)が自身のインスタグラムを更新。
「ねこの日」にちなんだポーズを披露し、多くのファンを魅了した。

この日のインスタで、吉岡は「今日はjwaveでも“ねこの日”という事で、
1日ねこ特集のラジオとなっています!」とコメントし、2月22日の“猫の日”にちなんだラジオ番組を宣伝。

さらに吉岡は「私も少し参加させて頂きました」と続け、1枚の画像を投稿。それはラジオ局のブース内で撮影したと思われる吉岡の画像だった。

白のワンピースを着た吉岡は、ネコ耳をつけた上に両手でネコの手をマネした、愛らしいポーズをとっていた。

その“ネコ耳吉岡”を見たファンから、「かわいい! めっちゃ似合ってる」「キツネさんがネコになってる!」
「キツネもネコも似合いますね~」「ネコ耳がかわいすぎて、仕事中なのにニヤけました」
「ネコ耳里帆ちゃんカワユス」「りほちゃんとネコで最強だ」「吉岡さん……なんでそんなにカワイイのですか?」
「吉岡里帆様が生きている時代に生まれてきて本当に良かった」「このカワイイ猫はなんですか」といった絶賛するコメントが殺到していた。

「日清のどん兵衛」のCMでは、“どんぎつね”にふんしていた吉岡。キツネがネコに変わっても、やはり最高にかわいかった!

※画像は吉岡里帆のインスタグラムアカウント『@riho_yoshioka』より

http://dailynewsonline.jp/article/1703147/
2019.02.22 17:59 日刊大衆


【【画像】吉岡里帆、今度は「ネコ耳&ネコの手ポーズ」でファンを悩殺!】の続きを読む