女子アナチャンネル

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。

    2021年01月


    桑子 真帆(くわこ まほ、1987年5月30日 - )は、NHKのアナウンサー。 1987年、神奈川県川崎市にて産まれる。 私立鷗友学園女子高等学校、東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業。 2010年に日本放送協会にアナウンサーとして入職。最初に配属されたNHK長野放送局で3年間勤め
    18キロバイト (1,813 語) - 2021年1月13日 (水) 22:49



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 muffin ★ :2021/01/19(火) 13:40:52.61 ID:CAP_USER9.net

    芸能・女子アナ 投稿日:2021.01.19 06:00FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/showbiz/129085

    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」

     30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。

    「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)

     そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。

    「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)

     女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。

    「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」

     だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。

    「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。

     私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」

     桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。

    「男選びは、とにかくビジュアル重視。『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。

     交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」

     当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。なぜ、そんなにモテたのか。

    「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」

     大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。

    「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」

     最初の配属先は、長野放送局。当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。

    「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。

     同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」

     そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    (週刊FLASH 2021年2月2日号)

    ★1が立った日時:2021/01/19(火) 06:41:52.27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611015601/


    【【衝撃】NHK!桑子真帆アナ“不倫デート”プリクラを入手「弄ばれた9年」男性が自嘲告白】の続きを読む


    郡司 恭子(ぐんじ きょうこ、1990年6月26日 - )は、日本テレビの女性アナウンサー。 東京都港区出身。身長162cm。 聖心女子学院高等科、慶應義塾大学総合政策学部卒業。高校時代は早稲田塾に通い、慶大にはAO入試で合格した。 中学、高校はテニス部、大学はゴルフ部に所属していた。
    9キロバイト (925 語) - 2021年1月14日 (木) 07:37



    (出典 freelifeofkite.com)


    郡司恭子

    1 名無しがお伝えします :2020/12/05(土) 10:22:17.07 ID:LPDzXgwJ.net

    2013年入社 日本テレビアナウンサー、郡司恭子さんのスレです。

    公式プロフィール
    http://www.ntv.co.jp/announcer/profile/k_gunji.html
     生年月日 1990年6月/出身地 東京都
     出身大学 慶應義塾大学 総合政策学部
     出身高校 聖心女子学院高等科
     身長 162cm/血液型 B型/入社年 2013年

    プロフィール動画

    (出典 Youtube)
    (2018/05/22公開)
    プロフィール画像

    (出典 www.ntv.co.jp)


    担当番組
    夜バゲット
    https://www.ntv.co.jp/yoru-baguette/
    めざせ!プログラミングスター
    https://www.bs4.jp/programming_star/

    前スレ
    【日テレ】郡司恭子 Part23【Oha!4・夜バゲット・プロスタ】
    https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1599711252/


    【【画像】日テレ!郡司恭子 !夜バゲット・プロスタ!】の続きを読む


    平手 友梨奈(ひらて ゆりな、2001年6月25日 - )は、日本の女優、モデル、歌手、ダンサーであり、女性アイドルグループ・欅坂46の元メンバーである。愛知県出身。身長163 cm。血液型はO型。Seed & Flower合同会社所属。所属レーベルはSony Records。愛称は、てち。
    50キロバイト (6,463 語) - 2021年1月15日 (金) 09:43



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無し募集中。。。 :2021/01/18(月) 22:17:55.63 0.net

    お前ら今すぐ見ろ!w


    【【動画】平手友梨奈って可愛すぎるwwwwwwwwww】の続きを読む


    久慈 暁子(くじ あきこ、1994年7月13日 - )は、フジテレビの女性アナウンサーである。元女性ファッションモデル。 岩手県水沢市(現在の奥州市)出身。身長166cm。 高校卒業まで18年間岩手県で過ごした。 奥州市立東水沢中学校、岩手県立水沢高等学校、青山学院大学経済学部経済学科卒業。大学の
    19キロバイト (2,134 語) - 2021年1月13日 (水) 13:39



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/19(火) 01:31:52.70 ID:CAP_USER9.net BE:338682756-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    1/19(火) 0:40配信
    SmartFLASH

    帰路に着く久慈アナ。『めざましテレビ』抜擢から3年、いまや局を背負って立つ存在だ

    「原さんは、この2年以上のあいだ、久慈アナとの愛を大切に育ててきました。近く結婚すると聞いています」

     そう語るのは、ある球界関係者だ。原樹理投手(27)といえば、ドラフト1位で2016年にヤクルトに入団。2018年には右肩を痛めたが、2021年シーズンにはローテーション入りが期待されている注目の選手だ。

     かたや、お相手の久慈暁子アナ(26)は “クジパン” の愛称で親しまれ、『めざましテレビ』のサブキャスターや『めざましどようび』のメインキャスターを務めるなど、フジテレビを背負って立つ人気女子アナに成長している。

     1月5日に結婚が発表されたヤクルトの高橋奎二投手(23)と元AKB48の板野友美(29)に続くビッグカップルも、ゴールインが間近だという。

     原と久慈アナの熱愛は、2019年5月に久慈アナが原の自宅マンションへ通っていると、『FRIDAY』が報じている。その後も原が登板する際に、神宮球場に足を運ぶ久慈アナの姿が目撃されてきた。ある番組制作会社のスタッフは、こう話す。

    「2人の交際は、順調に続いていると聞いています。プライベートが充実しているおかげか、久慈アナは仕事現場でも、いつもとても楽しそうで、見ているこちらが嬉しくなるほどです」

     その2人が、ついに結婚の意思を固めたというわけだ。

    「フジテレビのアナウンサーとプロ野球選手というカップルは、古田敦也(55)と中井美穂アナ(55)、石井一久(47)と木佐彩子アナ(49)、内川聖一(38)と長野翼さん(39)など、枚挙にいとまがありません。久慈アナも、先輩アナの紹介で原選手と知り合ったと聞いています。

     とくに、(かつてはサンケイアトムズだった)ヤクルトは、フジサンケイグループにとって縁の深い球団なので、局内でもこのカップルには好意的な声が多いんです。入社当初は、モデル出身という美貌にばかり注目が集まっていた久慈アナですが、今では発声やナレーションなどの能力も一級品ですよ」

     一方、スポーツライターは原についてこう話す。

    「彼を語るうえで欠かせないのが、声楽家の父・敏行さんの存在です。一家の三男として原が生まれたとき、敏行さんはすでに60歳でした。敏行さんからかわいがられた原は、父親思いで『親孝行したい』というのが口ぐせの好青年。

     2018年8月の巨人戦には、当時手術を受けたばかりだった敏行さんが、退院後初めて応援に駆けつけたんです。すると原は、プロ入り初完封となる快投を見せました。父親思いの息子の、面目躍如でした」

     じつはその敏行さんは、2020年2月に亡くなっている。享年86だった。

    「選手にとっていちばん大切なのは、メンタル面を安定させること。最愛の父の死を乗り越えるとき、そばにいた久慈さんの支えが、大きな役割を果たしたと思います。敏行さんの喪が明ければ、いよいよでしょう」


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cb5b46102e36646cf0d753390418c4c0ac1b8104
    >>2続く


    【【画像】フジテレビ久慈暁子アナ「めざましの女神」がついに? 恋人が結婚直撃に笑顔!】の続きを読む


    井上 清華(いのうえ せいか、1995年4月23日 - )は、フジテレビの女性アナウンサー。 福岡県出身。福岡女学院中学校・高等学校、青山学院大学文学部比較芸術学科卒業。 大学在学中はESSのスピーチ部門に所属した。また、大学2年の時に「ミス青山コンテスト2015」のファイナリスト6人に選出された
    7キロバイト (717 語) - 2021年1月17日 (日) 15:45



    (出典 i.ytimg.com)



    1 れいおφ ★ :2021/01/18(月) 17:31:00.62 ID:CAP_USER9.net

    3月26日の放送で「めざましテレビ」(フジテレビ系)を卒業する永島優美アナ(29)の後任のメインキャスターに、
    入社3年目の井上清華アナ(25)が内定していることが「週刊文春」の取材で分かった。近く正式に発表される予定だ。

    井上アナは2018年4月、フジテレビに入社。
    青山学院大時代には「ミス青山コンテスト」のファイナリストに選ばれ、「news zero」(日本テレビ系)のお天気キャスターにも抜擢された。
    現在は「めざましテレビ」のニュースサブキャスターなどを務めている。

    「めざましテレビ」のメインキャスターといえば、フジの“エースアナ”の登竜門。
    小島奈津子(52)、高島彩(41)、加藤綾子(35)ら歴代の看板アナがつないできたタスキは、井上アナが受け継ぐことになった。

    局内での評判も上々のようだ。
    「スタッフとは上下分け隔てなく接して、ADと気軽に遊びに行ったりもする。天真爛漫に誰にでも気さくに話しかけるので、
    いい意味で女子アナという感じがしない。局内にはファンがたくさんいて、彼女のことを狙っている男性スタッフも多いです」(フジテレビ関係者)

    人々を虜にする笑顔の裏では、静かなる闘志を燃やしていた。

    「以前からずっと、永島アナの後任を目指していたようです。
    ライバルは1年先輩で『めざましどようび』のメインキャスターを務める久慈暁子アナ(26)でしたが、見事にその座を勝ち取りました。
    福岡出身の女性らしく、芯が強くてしっかりした性格だと、いろんな人から聞きますね」(別のフジテレビ関係者)

    「めざましテレビ」第2部(月~金・午前6:10~8:00)の年間平均視聴率は、2020年まで3年連続で同時間帯民放トップ。
    “博多っ子”アナの今後の奮闘に期待したい。

    「週刊文春」編集部/週刊文春
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9753538d8ea85c2d2b90b6cd0bfe8362b132bf5a

    井上清華アナ

    (出典 www.fujitv.co.jp)

    https://www.fujitv.co.jp/ana/inoue/


    【【速報】「めざましテレビ」新メインキャスターに井上清華アナが内定!】の続きを読む

    このページのトップヘ