時事速

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。


    田中 理恵(たなか りえ、1987年6月11日 - )は、日本の元体操選手。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。マネジメント所属は株式会社フィルブロード。 身長157cm、体重45kg。兄の田中和仁、弟の田中佑典も同じく体操選手。コーチは世界選手権で活躍したこともある
    20キロバイト (2,495 語) - 2020年5月16日 (土) 23:59



    (出典 www.rozier.jp)



    1 湛然 ★ :2020/07/03(金) 05:13:47.86 ID:0PagUavV9.net

    田中理恵さん、ノースリーブ&スリットから美脚の私服姿に「スタイル抜群」「素直に綺麗」の声
    2020年7月3日 0時44分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200702-OHT1T50248.html
    田中理恵さんのインスタグラム(@riiiiiie611)より
    https://www.instagram.com/p/CCIWDh-Bw-K/


    (出典 hochi.news)



     2012年ロンドン五輪体操女子代表で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会理事を務める田中理恵さん(33)が2日、自身のインスタグラムを更新。私服姿を披露し、話題になっている。

     東京都内では久しぶりの快晴となり、田中さんは青空の下「本日は、午前中から収録していました! こちらは、私服です」とノースリーブのトップスにスリットの入ったスカートに身を包んだベージュのセットアップ姿を公開した。

     私服姿の投稿に「理恵さんとってもステキ 美しいです」「素直に綺麗と言えます」「スタイル抜群」「美脚だし長い」など称賛のコメントが添えられている。

    (おわり)


    【【画像】#元体操田中理恵さん 、ノースリーブ&スリットから美脚の私服姿に「スタイル抜群」 wwww w wwww】の続きを読む


    設楽 (したら おさむ、1973年〈昭和48年〉4月23日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、声優、司会者。お笑いコンビ・バナナマンのボケ(基本的にはボケとツッコミは決めていないため、ツッコミにも回る)、ネタ作り担当。相方は日村勇紀。西武鉄道OB(後述)。
    40キロバイト (4,667 語) - 2020年6月23日 (火) 16:06



    (出典 s.eximg.jp)



    1 Egg ★ :2020/07/02(木) 23:30:42.62

    写真

    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    少し歩けばすぐそこに幹線道路が走り、カフェやギャラリー、ヘアサロンとセレクトショップが集まる、眩しい都心のど真ん中。
    だが、その一角は歴史のある高級住宅地らしく落ち着いた雰囲気で、入り組んだ細い路地に、新旧さまざまな年代の一戸建てが建ち並ぶ。

    一際目を引くのが、梅雨の晴れ間の強い日差しをすべて吸い込むような、漆黒にベタッと塗られた広い壁。その地上3階建ての堂々たる豪邸は、バナナマン設楽統(47才)のマイホームである。近隣住民の話だ。
    「つい最近、設楽邸の地盤を支える、コンクリートブロックで造られた『擁壁』を取り壊さなければならなくなったそうです。せっかくのこだわりのデザイナーズハウスなのに、その建築の経緯を巡って、長らくご近所とトラブルを抱えていたみたいです」

    振り返れば、設楽の豪邸が落成したのは2017年12月のこと。
    「高級時計のコレクションやお笑いライブのグッズの完成度の高さで知られる“オシャレ人間”の設楽さんだけに、マイホームには徹底的にこだわりました。
    スペインにも事務所を持つ有名建築家がデザインし、室内にはエレベーターや広い吹き抜けがある凝ったつくりで、細部にこだわりすぎて計画よりも竣工が遅れたほどだったそうです。
    かかった費用も“超一流”で、40坪の土地だけで3億円、上物を合わせると4億円近くという大豪邸です」(芸能関係者)

    自宅建築中の2017年11月、設楽は自身のラジオ番組でこう語っている。
    「値段はさておきさ、大量な金額なわけじゃん。35年ローンでさ。そうすると80才近くまでで、おれ大丈夫かなと思うじゃん。サラリーマンで、“毎月安定していくらもらう”とかじゃないしさ」

    社会人生活を経て、1993年から芸人活動をスタートさせた設楽。その下積み生活は決して短かくなく、彼にとってマイホームは悲願だった。
    「当時は風呂なし、共同トイレのプレハブのようなアパートに住んでいた設楽さんが、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)の司会者になってようやく建てた家です。
    19才のときに交際を始めた夫人は、設楽さんをこれまで支えてきたので『妻のためにも』という思いがあったでしょう。相方の日村勇紀さん(48才)も『ガチで感慨深いよ、家を建てたのって』と感極まっていました」(前出・芸能関係者)

    だがまさに豪邸の建築中に、トラブルが発生していた。
    設楽邸の隣に、3階建てのビルが建つ。黒一色の設楽邸とは対照的に真っ白の外壁が目を引く新築の建物で、カフェや美容院などのテナントが入居している。

    そのビルと設楽邸の間には、高さ80cm、幅10cm、奥行き20mほど、コンクリートブロックが設置されている。
    「そのブロックの『擁壁』がトラブルのもとなんです」と語るのは、設楽邸に隣接するビルの関係者だ。

    「そこはもともと一区画の宅地で、分筆した土地を設楽さんとビルのオーナーが購入して、それぞれの建物を建てたんです。2017年の初め、先に建物を建て始めたのは設楽さんでした。
    その際、土地の売り主が境界標(土地を区別する目印)をもとに『境界線がわかりやすいように、ブロックを積んでおきます』とビルのオーナーに伝え、ビル側の土地の内側に目印のブロックを2段ほど積んだそうです。
    “ここからこっちはビルの土地なので、工事でも入らないでください”という意味で置かれ、境界標と照らし合わせても、明らかにビル側の土地にありました」

    だが、その目印のブロックが置かれた領域が、なぜか設楽の自宅の一部になっていたのだ。
    「工事が進むとそのブロックは取りのぞかれ、その場所には設楽邸の基礎を支える『擁壁』が造られていました。慌てたビルのオーナー側が設楽さんの建築業者に『こちらは私たちの土地です。
    擁壁を崩してください』と何度要望しても一向に問題は進展しなかった。困り果てたオーナー側は設楽さんの所属事務所に連絡をしたそうです」(建設業界関係者)

    すると後日、設楽の事務所関係者からビルのオーナー側に連絡があったという。
    「ようやく話が進むかと期待したそうですが、設楽さんの事務所関係者は、『設楽は何も知りません。今後、設楽と接触しないでください』と言うばかり。そのため話がますますこじれてしまったようです」(前出・ビルの関係者)



    7月2日(木)16時5分 NEWSポストセブン
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0702/sgk_200702_5762573205.html


    【【画像】<設楽統>4億円豪邸で境界線トラブル発生!wwww wwww】の続きを読む


    貴島 明日香(きじま あすか、1996年2月15日 - )は、兵庫県神戸市出身の日本のファッションモデルである。トラペジストに所属する。 兵庫県立舞子高等学校2年時にスカウトされ、レッスンを重ねた。高校3年時から本格的なモデル活動に入り、神戸コレクション、関西コレクション、東京ランウェイなどのショーに出演した。
    11キロバイト (1,090 語) - 2020年5月24日 (日) 02:52



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 少考さん ★ :2020/07/02(Thu) 12:42:57 ID:ItsnTklH9.net

    天気予報の女神・貴島明日香が”朝の安心”を届けられるようになるまで「猫が気持ちを明るくしてくれた」 | ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/special/54848/

    7/2(木) 8:40配信

    たいがくんとのほほえみツーショット

    (出典 pbs.twimg.com)


    猫の意識低くないかね?

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)



    『ZIP!』(日本テレビ系 月~金曜あさ5時50分~)のお天気コーナーで人気を集め、『第16回 好きなお天気キャスター/天気予報士ランキング』(オリコン調べ)で2位に輝いた貴島明日香。“天気予報の女神”と呼ばれ「毎朝の笑顔に元気もらってる」「疲れたから貴島明日香ちゃん見てこよ」など、その存在自体が癒しにもなっている。“朝のさわやかなイメージ”が強い彼女だが、自身のSNSでは飼い猫のために生きる“下僕感あふれる?”一面も…。お天気キャスターという仕事への思いと、その原動力にもなっているという飼い猫“にゃんず”について話を聞いた。


    ■関西弁が“コンプレックス”だった…アクセントを標準語に直すのに苦労も (略)
    ■天気の情報に添えられる“生活コメント”「実はすごく考えられている」 (略)

    ■「にゃんずのために生きている…」猫を一番に考える姿勢貫く姿に反響

    ――言葉のニュアンスが少し違うだけでも、伝わり方がだいぶ変わってきそうですね。天気のコーナーで情報を伝えるうえで、こだわりのポイントというわけですね。そういう“言葉の秀逸さ”は、貴島さんのTwitterを見ていても伝わってきます。

    「9割方、猫のことをつぶやいているアカウントですね(笑)」

    ――もはやペットアカウントでは? と思うことも…。ペットの猫ちゃんたちの写真がバズっていて、いいね数も万単位でついている。独特すぎる猫の寝姿を写真投稿して「猫の意識低くないかね?」と、添えられているコメントもおもしろくて。『ZIP!』で見せているキャラとはまた違った貴島さんの一面が垣間見れます。

    「自分の猫がかわいすぎて、あんまり載せないでおこうと思うんですけどつい載せちゃうんです。フォロワーさんも、ドッと増えて。皆さん『おもしろい』とか『笑った』とか、RTしてくださって驚いています。猫の投稿がバズりすぎて、自分のことを投稿するのが恥ずかしいレベルまできています(笑)」

    ――Twitterっぽい文言を考えるのがうまいですよね。

    「何も考えてませんよ~! 私はもう、キャピキャピはしていないので(笑)。どちらかというと、ネットで生きてきた人間ですから。Twitterでの私が、素に近い私ですね。Instagramでは女性が多く見てくださっているので衣装を載せたりしていますが、Twitterは本当に自由。気軽につぶやいています」

    ――2匹の猫たち(たいがくん、とわくん)を“にゃんず”と表現されていますが、貴島さんにとって彼らはどんな存在ですか?

    「なんかもう……、家族であり、宝物であり、絶対にいないと無理。1年前に、たいがをブリーダーさんからお迎えしたんですけど、当時は仕事と家を往復する毎日で。寝て、仕事をして、また家に帰って寝て…その繰り返しで、心の元気がなかったんですよね。そんな時に家に来てくれて、自分の意識も180度変わりました。とにかく家に早く帰りたくて、気持ちも明るくなって。猫は大事な大事な存在です」

    ――「にゃんずのために生きている…」ともつぶやかれていましたもんね。活動を支えてくれる猫たちのためにもさらに飛躍されることを願って、今後の展望をお聞かせください。

    「お天気キャスターのお仕事では、“伝わりやすさ”をもっと意識していきたいです。『ZIP!』のお仕事を始めたときも、新しいことを吸収していくのがとても楽しいと感じたんです。自分の自信にもつながっていくので、頑張っていきたい。今後は、新たな分野の仕事にもチャレンジできれば。演技にも挑戦したいし、ゲームや猫ちゃん関係のお仕事もしていきたい。自分の好きな分野を、活動を通してさらに育てていけたらと考えています」


    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【画像】天気予報の女神・ #貴島明日香が”朝の安心”を届けられるようになるまで wwww w wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ