女子アナチャンネル

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。


    鷲見 玲奈(すみ れいな、1990年5月12日 - )は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー。元テレビ東京アナウンサー。 岐阜県岐阜市出身。 岐阜県立岐阜北高等学校、首都大学東京都市教養学部都市教養学科経営学系卒業。2013年4月、テレビ東京入社。同期は野沢春日。入社後すぐに野沢とともに深夜番組『一夜づけ』の担当となる。
    19キロバイト (2,584 語) - 2021年1月15日 (金) 18:44



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2021/01/19(火) 19:22:48.39 ID:pGda/qb90.net


    (出典 livetest.net)


    (出典 livetest.net)


    【【画像】鷲見玲奈さん!また顔が変わるwww w wwww】の続きを読む


    桑子 真帆(くわこ まほ、1987年5月30日 - )は、NHKのアナウンサー。 1987年、神奈川県川崎市にて産まれる。 私立鷗友学園女子高等学校、東京外国語大学ロシア・東欧課程(チェコ語専攻)卒業。 2010年に日本放送協会にアナウンサーとして入職。最初に配属されたNHK長野放送局で3年間勤め
    18キロバイト (1,813 語) - 2021年1月13日 (水) 22:49



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 muffin ★ :2021/01/19(火) 13:40:52.61 ID:CAP_USER9.net

    芸能・女子アナ 投稿日:2021.01.19 06:00FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/showbiz/129085

    (出典 data.smart-flash.jp)


    (出典 data.smart-flash.jp)


    「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」

     30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。

    「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)

     そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。

    「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)

     女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。

    「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」

     だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。

    「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。

     私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」

     桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。

    「男選びは、とにかくビジュアル重視。『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる! デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。

     交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」

     当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。なぜ、そんなにモテたのか。

    「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」

     大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。

    「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」

     最初の配属先は、長野放送局。当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。

    「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。

     同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」

     そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。


    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    (週刊FLASH 2021年2月2日号)

    ★1が立った日時:2021/01/19(火) 06:41:52.27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611015601/


    【【衝撃】NHK!桑子真帆アナ“不倫デート”プリクラを入手「弄ばれた9年」男性が自嘲告白】の続きを読む


    郡司 恭子(ぐんじ きょうこ、1990年6月26日 - )は、日本テレビの女性アナウンサー。 東京都港区出身。身長162cm。 聖心女子学院高等科、慶應義塾大学総合政策学部卒業。高校時代は早稲田塾に通い、慶大にはAO入試で合格した。 中学、高校はテニス部、大学はゴルフ部に所属していた。
    9キロバイト (925 語) - 2021年1月14日 (木) 07:37



    (出典 freelifeofkite.com)


    郡司恭子

    1 名無しがお伝えします :2020/12/05(土) 10:22:17.07 ID:LPDzXgwJ.net

    2013年入社 日本テレビアナウンサー、郡司恭子さんのスレです。

    公式プロフィール
    http://www.ntv.co.jp/announcer/profile/k_gunji.html
     生年月日 1990年6月/出身地 東京都
     出身大学 慶應義塾大学 総合政策学部
     出身高校 聖心女子学院高等科
     身長 162cm/血液型 B型/入社年 2013年

    プロフィール動画

    (出典 Youtube)
    (2018/05/22公開)
    プロフィール画像

    (出典 www.ntv.co.jp)


    担当番組
    夜バゲット
    https://www.ntv.co.jp/yoru-baguette/
    めざせ!プログラミングスター
    https://www.bs4.jp/programming_star/

    前スレ
    【日テレ】郡司恭子 Part23【Oha!4・夜バゲット・プロスタ】
    https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1599711252/


    【【画像】日テレ!郡司恭子 !夜バゲット・プロスタ!】の続きを読む

    このページのトップヘ