女子アナチャンネル

話題のニュース,芸能、 5chをまとめて、いち早く皆様にお届けします。 宜しくお願い致します。

    ニュース2チャンネルを中心に芸能など、いち早くお知らせする、ブログにしていきます。どうぞ宜しくお願い致します。


    杉浦 友紀(すぎうら ゆき、1983年5月14日 - )は、NHKのアナウンサー。 愛知県名古屋市生まれ、岡崎市育ち。父親の仕事の関係でサンフランシスコやメルボルンなどの都市にも住んだことがある。 南山国際高等学校、上智大学文学部新聞学科卒業。大学在学中の2003年にミスソフィア、また首都圏各大学
    17キロバイト (2,011 語) - 2021年1月3日 (日) 05:31



    (出典 joseiana.com)



    1 名無しがお伝えします :2020/11/28(土) 03:46:49.98 .net

    前スレ

    【NHK】杉浦友紀 part18【NET BUZZ】
    https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/ana/1584015261/


    【【画像】NHK!杉浦友紀 アナ!【NET BUZZ】】の続きを読む


    三谷 (みたに つむぎ、1994年4月4日 - )は、テレビ朝日の女性アナウンサー。 千葉県佐倉市出身。実家は呉服店を営んでいる。 共立女子中学校・高等学校、法政大学社会学部メディア社会学科卒業後、2017年アナウンサーとしてテレビ朝日に入社。同期入社は井澤健太朗、林美桜の2人。
    6キロバイト (717 語) - 2021年2月13日 (土) 04:14



    (出典 marmarton.com)



    1 jinjin ★ :2021/01/25(月) 00:44:43.59 ID:CAP_USER9.net

    “日本一バズってる美人アナ”三谷紬、タンクトップでボディラインあらわ 美脚も大胆披露



    テレビ朝日の三谷紬アナウンサーが、25日発売の『週刊ヤングマガジン』9号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。

    透明感のある美貌と大迫力ボディで“日本一バズってる美人アナ”が、ボディラインあらわなタンクトップ姿や深いスリットの入ったドレスから美脚を大胆に披露した。


    2017年に同局に入社した三谷アナは、サッカー番組『やべっちF.C.』アシスタントで人気に。
    同局の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」でのダイエット企画は、累計再生回数1000万回を超え、女性からも支持を集めている。


    大ブレイク中のほんわか美女アナが、前回の大反響を受けて3ヶ月ぶりに『ヤンマガ』表紙に再登場。

    今回は「三谷アナの一日」をテーマに、爽やかな朝の日差しを受けたパジャマ風のスタイルや、昼のお仕事風アクティ*タイル、さらに黒いドレスをまとった大人の色気あふれる夜スタイルなど、今年もさらなる飛躍を予感させる魅力をたっぷり見せつけた。


    また、同号の巻末グラビアには元看護師のグラビアアイドル・瀬山しろが登場。
    グラビアファンが「ヤバすぎるボディ」と騒然となっている、Hカップ94センチの“神バスト”を衝撃的に解禁した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9e5e10537f329eaa774e7b2c92921f47b8896c6

    肩出し&美脚披露で表紙を飾った三谷紬

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【画像】テレ朝・三谷紬アナ タンクトップでボディラインに美脚も大胆披露!ヤンマガ巻頭グラビア !】の続きを読む


    川田 裕美(かわた ひろみ、1983年6月22日 - )は、セント・フォースに所属する日本のフリーアナウンサーである。元読売テレビアナウンサー。 大阪市住之江区生まれ、大阪府泉大津市育ち。父の仕事の関係による転勤で名古屋、長野、札幌、小樽に住んでいたこともある。泉大津市内の小中学校で学んだ後、大阪
    38キロバイト (5,274 語) - 2021年2月23日 (火) 15:25



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/24(水) 23:36:43.13 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナ、フリーキャスターにとっては、厳しい春になりそうだ。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で、民放各局はCMスポンサー収入が大幅減。これにより、必然的に各番組はコストカットが求められ、そのターゲットのひとつとなっているのがフリーのアナウンサーやキャスターだ。

    「経費削減の動きは、近年各局に出ていましたが、コロナ禍でより拍車がかかってしまいました。各番組がコストカットをしなければならいとなると、当然フリーアナやキャスターをできるだけ使わず、局アナでまかなおうとの流れになります。むろんタレントや芸人も同様です。とはいえ視聴率は獲らなければならないので、数字が獲れるフリーアナ、タレントはなかなか外せない。従って、人気がある人に関しては、大物でギャラが高くても生かしながら、他の出演者のギャラ総額を削るとか、他の経費をカットするなどといった工夫をしていかざるを得ないでしょうね」(芸能ライター)

    この春、2人の大物司会者に大なたが振るわれた。まず、22年にわたって続いた情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)が打ち切りになる小倉智昭だ。そして、1989年10月に放送開始した長寿番組『噂の! 東京マガジン』の司会を務める森本毅郎アナだ。同番組は今でも高視聴率を獲っているとあって、番組終了は免れ、BS-TBSへの移行が決まった。地上波からBSに移ることで、ギャラの大幅ダウンは必至だ。

     “売り”だったアポなしロケができなくなったこともあり、人気番組ながら番組が終わる『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の青木源太アナも、レギュラーを1本失う。

     また、番組終了ではないが、『真相報道 バンキシャ!』(日テレ系)の福澤朗アナは降板となり、局アナの桝太一アナが後を引き継ぐ。

     そんな中、フリーアナの悲哀を最も感じさせるのは『この差って何ですか?』(TBS系)が打ち切りになる川田裕美アナだ。川田アナは読売テレビ在籍時、『情報ライブ ミヤネ屋』のアシスタントを務めていたが、2015年4月にフリー転向。その後、順調に仕事を増やし、一時はテレビ7本、ラジオ2本のレギュラーをもつ超売れっ子になった。しかし、出演番組が次々に終了し、『この差って何ですか?』が終わることで全国ネットテレビのレギュラーはゼロになり、残すは関西ローカル番組のみとなる。

     一方、今春にスタートする各局の主たる新番組でフリーアナ、キャスターを司会進行で起用する番組は皆無だ。新MCは『ラヴィット!』(TBS系)の麒麟・川島明、『オトラクション』(同)の霜降り明星、『オオカミ少年 Lie or Truth』(同)のダウンタウン・浜田雅功、『新しいカギ』(フジテレビ系)のチョコレートプラネット、霜降り明星、ハナコといった風でほとんどが芸人。

     浜田は別格として、数字を獲りつつ、コスト削減を図るとなると、人気上昇中の若手・中堅の芸人の起用との判断なのだろう。

    「局アナは別ですが、もう必ずしも司会=アナウンサーの図式ではなくなっていくんじゃないでしょうか。もちろん数字をもっていて、ギャラがリーズナブルなフリーアナは生き残るでしょうけど・・・。女子だと、元テレビ東京の鷲見玲奈アナのように女優業やグラビアなど、本来のアナウンサー業とは違うジャンルに挑んでいかないと、フリーで売れるのはこの先難しくなっていきそうです」(同)

     特に女子では、TBSの笹川友里アナのように、フリー転身者が後を絶たないが、フリーアナにとっては、厳しい時代になりそうだ。


    (出典 i.imgur.com)


    2021/02/24 20:00
    https://www.cyzo.com/2021/02/post_269070_entry.html


    【【悲惨】川田裕美アナ全国ネットレギュラーゼロに…コロナ禍でフリーアナに厳しい春到来か】の続きを読む

    このページのトップヘ